TOP >  オカズな一般マンガ >  【一般マンガのエロ】オマンコが金魚鉢で拡大されて視姦 少年誌の限界エロ「その気にさせてよ Myマイ舞」

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>

<<抜ける無料サンプル>>
簡単にすぐイっちゃう特異体質の
ボーイッシュな貧乳少女
体を硬直させて何度もイク瞬間が見れる

もう駄目イク・・・!!




【一般マンガのエロ】オマンコが金魚鉢で拡大されて視姦 少年誌の限界エロ「その気にさせてよ Myマイ舞」

ona160708-01.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



今でも少年誌でエロ表現のあるマンガはあります。
過激度はその時代その時代の自主規制との戦い。

個人的には、少年誌だからってエロを規制する必要はないと思ってます。
ネットもなかった時代ですら、少年たちはどこからかAVを手に入れ、そして見て育ったものです。
それなのに、マンガごとき規制してどうなるのでしょう。
大人が思ってる以上に、子供たちはすでにエロいのです。
自分たちだってそうだったでしょ?

とはいえ、諸事情により、少年誌におけるエロ表現は、常に自主規制との戦いです。
そんな少年誌の世界に「その気にさせてよ Myマイ舞」とういマンガがあったのをご存知でしょうか?
1980年代終わり頃に少年チャンピオンにて連載されていたマンガです。

この時代は、少年マンガでも露骨にエロいマンガが数多く連載されていました。
ただ、過激なものは月刊誌が多かったですね。
有名なところでは月間マガジン。
こちらは一時期、エロマンガだらけでした(笑)

週刊誌のほうが、やはり読者層の年齢が低いのか、多少規制が強かったイメージです。
その、週刊誌で、かなりきわどいエロ表現を描いていたのが、この作品です。

ストーリーは、相談屋・舞が、様々な依頼者の相談を受け、<その気>にさせていくというお色気コメディー。
先生や看護婦などに扮装し、様々な問題を解決していくスペシャリスト・舞。
数話完結の、ギャグマンガ形式です。

ギャグ要素が強いので、大人が読んでのオカズの実用性は低めかもしれません。
しかし、それにしても表現が過激。
当時の少年たちは、あまりの過激さにオカズにしまくった事でしょう。

今回は、大人でもオカズにできそうな、エロいシーンをいくつか紹介したいと思います。

ona160708-02.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



その前に、まずは主人公・舞について。
舞のよいところは<恥じらいをもっている>という点です。

美人でグラマーで、相談解決のためにはお色気作戦も辞さない(というより、それがメイン)だが、ちゃんと恥じらいは持っています。
また、意図せずエロい展開に陥る事も多々あり。

セリフも上品で

「ごめんなさい、未来の旦那様」

や、エロい事をしてくる男には

「そんな無体をされては困ります」

など。
”無体”なんて、普段使わないでしょ(笑)
私も読んだ時は子供でしたので、”無体”とはエロい意味だと、間違って覚えてしまいました。

ona160708-03.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



ona160708-04.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



また、連載当時は、おそらく<ヘアヌードが解禁される前>の時代のはずです。
マン毛にもモザイクをかけなければいけなかった時代ですね。
その時代に、少年誌なのにマン毛表現にこだわりました。

読んでみた人はわかると思いますが、、、

もぐさ

という表現を多様します(笑)
マン毛ではなく、”もぐさ”なんだと。
”もぐさ”も少年にはわかりづらいギャグです。

例えば1巻。
看護婦に扮した舞が、入院中のおじいさんに、好物の”とろろ”をご馳走する話。

お約束のように”とろろ”は舞の体にかかります(笑)

「あ・・・」
「とろろが、だんだん下のほうへと・・・」


ona160708-05.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「ん?これは・・・」

ona160708-06.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「舞さんとこは、とろろにもぐさ入れるんか?」

って、本当に子供には変わりづらい(笑)

ona160708-07.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



それでは初期のお話で、ドスケベなエピソード行ってみましょう。

少年誌ではセックスは自主規制されてますので、その手前の最上位プレイである<オマンコ見え>が何度も描かれていますので、お気に入りのシーンをピックアップしてみます。

どのような経緯でオマンコが見られたらエロいのか?
シチュエーションごとにエロさが違います。
やはり、ただ見えればいいってものじゃないんですよね。


まずは3巻。
一人暮らしの男のところに、家政婦として住み着く舞。

風呂に入ってる時に、虫がでてきたトラブルで、ラッキースケベ発生。

ona160708-08.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



ona160708-09.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



お約束のようにドタバタした後、、、

「はっ」

ona160708-10.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



さっ

慌てて胸とアソコを隠す舞。

ona160708-11.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「か・・・下半身むき出しの姿で」
「舞にこのような格好させて」
「一体ナニをなさるおつもりですか!?」


ona160708-12.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



そして、、、

ona160708-13.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「じー・・・」

ona160708-14.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「あっ!」

アソコを隠したはずのイスが、真ん中に穴があいててオマンコ丸見えになってたというオチ。

ona160708-15.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「ぐす・・・丸見えですの・・・」

ギャグマンガとはいえ<オマンコ見え>はやはりエロいです。
隠したつもりが、隠せてなかったパターンは興奮しますね。

ona160708-16.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」




お次は2巻。
暴走した特撮ロボットに捕まってしまう、未来(みき)。

ona160708-17.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



それを今男(いまお)が助けようとしますが、、、

ona160708-18.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



ビリリ

「きゃぁぁ!!」

ギリギリ届かなかった今男に間違ってパンツをつかまれ、お約束のように破けます。

ona160708-19.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



巨大なロボットに掴まれて、身動きできない未来。
なすすべもなく全校生徒にオマンコを見られてしまいます。

こういう、舞以外のキャラが巻き込まれて辱めをうけるのもエロいです。

ona160708-20.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



さらにロボットが暴走し、舞と未来を、、、

貝合わせ!

先ほど、セックスは自主規制されてると書きましたが、これ、性行為ですよね(笑)

ona160708-21.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



お次も3巻。

舞と一緒に、忍者の里から逃げるサスケ。
それを追う、くノ一の女の子の茜。

舞にうつつを抜かすサスケに、茜は嫉妬。
茜はサスケの事が好きなのです。

「どーすても行きてっつんなら」
「オラを倒すてからにすっぺ」


ona160708-35.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



こういう田舎言葉の女の子、純朴そうでいいですね。

そしてなんだかんだバトルがあり、天井からサスケの命を狙うも、、、
誤って、天井から落ちる茜。

「わぁぁ!」

ドスン

そして、、、

「あっ」

スッポン

素っ裸のまま、金魚鉢にハマる茜。
金魚鉢にすっぽりハマって、強制くぱぁ状態です。

ona160708-22.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「いげねェ!見ちゃいげねェ~だ!」

金魚鉢にすっぽりなので、身動きとれず、オマンコ丸見え。
そしてサスケに思いきり視姦されてます。

ona160708-23.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「う・・・うう」
「やめてけろ・・・」

しかも、水中の光の屈折により、オマンコが拡大されたまま視姦。
オマンコの隅から隅まで見られてしまうのです。

この発想は天才的だ(笑)

ona160708-24.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



ただ、見られちゃうだけでなく、隅々まで。
しかも、身動きとれないし、元はと言えば自分の失敗(天井から落ちる)から起きたシチュエーション。
それプラス、田舎の純朴な娘。

これはエロいです。
最上位だと思っていた<オマンコ見え>にも、シチュエーションによって色んなランクがあるのだと気づかせてくれました。
これはもちろん、最高ランク。


さて、基本的には舞以外のキャラは、その時その時のゲストキャラです。
しかし、4巻から、助手の愛が登場。

愛は、可愛いけど男みたいな性格です。
こういう<男っぽい女の子>キャラも、一定の人気がありますよね。

温泉で舞の背中を流している愛ですが、、、

ona160708-25.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「男だとこ~はスムーズに洗えないでしょ~ね」

ゴシゴシゴシ

舞のオマンコをゴシゴシと大胆に洗ってます(笑)

ona160708-26.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



こんな愛が、エロじじいの仙人にとりつかれた際、、、
好き勝手に体をいじくられます。
さらに、、、

ona160708-27.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「そ~か、そうじゃったのか」
「こんな風になっておったのか」


オマンコをまじまじと観察されてしまう愛。
こういう男っぽい女の子が、辱めに合うのは、逆に興奮しますね。

ona160708-28.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



5巻からは、ライバルキャラの、お助け屋・美依が登場。
愛、舞、美依(アイ、マイ、ミイ = I my me)という事ですね。

触手に捕まってしまった際に、美依の股間をストッキングでゴシゴシしだす舞。

ona160708-29.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「バ・・・馬鹿ぁ!」
「な・・な・・な・・・何を・・・」


ゴシゴシゴシ

ona160708-30.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



「はぁぁ!あ・・・あ・・・」
「お願い・・・もう・・もう・・」


ゴシゴシゴシ

これ、静電気を発生させて、触手から逃げる作戦なんですが、、、
なんでオマンコ(笑)

足のピクピク感とか、少年誌なのか?ってくらいエロいですね。

ona160708-31.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



というわけで、少年誌のエロ表現の限界に挑んだこの作品。
なんというか、今のマンガよりエロが露骨で、生々しいですね。
少年向けというより、おっさん向けです(笑)

ona160708-32.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



あと、今回読み直してみて驚いた事があります。

それはこの時代にすでに電マ表現を描いていいたこと。

ona160708-33.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



みなさんお馴染みの、あの棒状のやつではないですけどね。
電動あんま器です。

電マでイッてしまう舞。
これは湾曲表現でもなんでもなく、完全に電マでイカされてますよ。
セックスはダメでも、オーガズムは描いてよいのだろうか?

電マがまだまだマイナーだったため、ギャグとして見逃されていた表現なのでしょうね。
この後、何億人もの女性たちのオナニーグッズになるとも知らないで。

ona160708-34.jpg
出典:山口譲司「その気にさせてよ Myマイ舞」



今回紹介したエピソードは1巻から5巻あたりです。
下記のサイトで、少しだけ立ち読みできます。

ギャグマンガは時代とともに廃れ、現在の感覚に合うかはわかりませんが、、、
当時少年で、このマンガをオカズにされていた方など、もう一度読み直してみると懐かしい気持ちになれるでしょう。


★全巻立ち読み可能

ona160708-d01.jpg
その気にさせてよ Myマイ舞 1巻

ona160708-d02.jpg
その気にさせてよ Myマイ舞 2巻

ona160708-d03.jpg
その気にさせてよ Myマイ舞 3巻

ona160708-d04.jpg
その気にさせてよ Myマイ舞 4巻

ona160708-d05.jpg
その気にさせてよ Myマイ舞 5巻




Last Modified : 2019-02-27

コメント







非公開コメント