TOP >  オカズな体験談 >  【体験談】女の子の初オナニー体験談まとめ第二十三弾 オマンコをいじると気持ちいい事を知ってしまった少女達

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>





<<無料サンプル動画>>

落書きされて興奮する変態少女とのSEX

【体験談】女の子の初オナニー体験談まとめ第二十三弾 オマンコをいじると気持ちいい事を知ってしまった少女達

ona210224-01.jpg


久しぶりにやってみます、この企画。

オナニーを覚えた子供の頃はAV女優も一般の女性もみんな一緒。

AV女優の赤裸々な初オナニーカミングアウトから、一般女性のオナニー事情について探っていく「女の子の初オナニー体験談」まとめ第23弾です!

今までのまとめ記事については↓↓↓



人間は普通は食事のとり方、トイレの使い方、お風呂の入り方などを親などから習って成長していきますが、オナニーについて習ったという方はそうそう居ないのではないでしょうか?

もちろん性教育というものはありますが、日本が性教育の分野で進んでいるかというとそうではないでしょうね。(詳しくはないですが・・・)

現代の性教育がどの程度かはわからないのですが、基本的に性感染症対策などに重きを置いているのではないでしょうか。

つまりセックスについては習えても、オナニーについて深く学ぶという機会は少ないのだと思います。

オナニーについては、その存在の有無くらいは習うのでしょうか?

ただ、セックスについても、具体的なやり方などは学習できていないでしょうから、オナニーのやり方など深いところまでは当然学習できてないでしょうね。

よく、親が性教育すべきという話も聞きますが、オナニーについて教えるというのはかなりハードルが高いですよね。

親自身もオナニーはしているわけですが(何なら子がいても現役でオナニーはしているわけですが)、そもそもその事に羞恥心があります。

女性にとってオナニーの話はタブーであるという事は過去の記事でも散々書いてきましたが、男性にとってもオナニーへの羞恥心はあります。

男性同士で性的な話をする際、オナニーの話もできますが、それでもセックスの話題よりかは多少羞恥心は増します。

女性でも開けっぴろげな性格であればオナニーについてもカミングアウトできるでしょうけど、未だにオナニーについて認められないという女性のほうが多いでしょう。

それくらい人間にとってオナニーに対する羞恥心は高いのです。


・・・そんなオナニーなのですが、男も女もいつのまにかオナニーを覚えて、それを大人になっても続けているから面白いですよね。

今回もオナニーについて考察していきますが、オナニーを覚えたきっかけについて、より深く見て行ければと思います。



■セックスで知った快楽を再現しようとオナニーを覚えたJK

女優名:
枢木あおい
オナニーを覚えた年齢:
16歳
当時の方法:
友達から冗談でもらったローターでオナニー

ona210224-02.jpg

まずは愛くるしい表情がたまらなく可愛らしいロリ系女優・枢木あおい(くるるぎ あおい)ちゃんです。

AV女優という職業はここ数年の間にだいぶ変化してきまして、より<アイドル化>が進んでおります。

これは声優さんとかの世界でもそうなのですが、本来のお仕事とは別の活動・・・例えば歌を歌ったり、交流イベントを開いたりといったファン向けの活動を意識的にやっていくというのが割とスタンダードになってきていると思うのです。

枢木あおいちゃんも、まさにアイドルAV女優の一人で、去年CDデビューもしているんですよね。

↓↓↓曲


↓↓↓イメージっぽいやつ


そんなわけで、アイドルを専業でやっている女の子たちと、それ以外の世界(AV女優や声優など)の女の子たちの垣根がどんどんなくなってきているわけですね。

私もここ数年、AV女優さんたちをアイドル的に見て楽しむようになってきているのですが、普通のアイドルとの一番の違いは性的な部分がオープンな所ですね。

アイドルの方のオナニー事情が語られる事はレアですが、アイドルAV女優さんたちはガンガン語ってくれます(笑)

そんな枢木あおいちゃんのオナニーの目覚めとはどんなきっかけだったのでしょうか?

ona210224-03.jpg

まずはオナニーを覚えた年齢について語ったインタビューがありましたのでこちらをどうぞ。

初オナニーは?

「16歳です」

エッチとどっちが先?

「エッチが先です」

初体験で性に目覚めた?

「興味はめっちゃあったんですけど、少女マンガとかだと、内容や表現を濁すし」
「一緒にベッドに入っているだけとか、事後とかしかないからあまり知らなくて・・・」

「オナニーは知っていたけれど、男の人がすることで女の人はしないものだと思っていたんですよ」


少女系雑誌だといろいろ書いていますけどね。

「そんなのあるんや(笑)」

じゃあオナニーをするきっかけは、エッチをして快感を知ったから?

「はい」
「改めて、『こんなに気持ちいいものなんや』となって、会えないときとかに寂しくてしてましたね」


というわけで枢木あおいちゃんがオナニーを覚えたのは16歳との事。

現在の統計データだと10歳か11歳くらいでオナニーを覚える子が多く、少なく見積もっても9割以上が中学までにオナニーし始めてるので、結構な遅咲きですね。

しかも処女喪失より先にオナニーを覚える子が多いので、珍しい。

オナニーという概念はあったけど「オナニーは男の人がする事」と解釈していたというのが面白いですね。

統計からみれば、あおいちゃんの周りの同級生の女の子もほとんどがオナニーしているわけで、その話題に触れないまま16歳まできてしまったわけですからね。

きっと同級生の女子の間では「オナニーって男だけがするヤツでしょ」なんて会話が交わされつつ、隠れて自分もオナニーしまくっていたクラスメイトがいたって事でしょう。

で、人間が自然にオナニーを覚えるという事は、各々が持つチンコやマンコが気持ちいいという事に気づくという事なわけですが、セックスを経験した事でオマンコの気持ちよさに気づくというのは、ある意味自然な事なのかもしれません。

ona210224-04.jpg

さらに面白いのは、初オナニーの方法ですね。

指ですか?

「ローターです」

買ってもらった?買った?

「友達が誕生日にくれたので持ってました」

「ふざけてローターを買うのが流行っていて(笑)」


今だとドンキとかですか?

「はい」
「ドンキの包装紙に包まれてきました(笑)」


もっぱらローターを使っていた?

「当時、私、ずっと爪が長くて、触るぶんにはいいけれど、指を入れるのは怖くて・・・」

「今は撮影でレズもあるからずっと短くしているんですけど」


ローターを挿入したりは?

「入れてないですね」
「物を入れるのが怖くて」


というわけで、初オナニーからいきなり大人のオモチャを使っていたとの事。

例えば電マで初オナニーをする女の子は割といるのですが、あからさまにローターなどを使うというのは珍しいんです。

電マはマッサージ器として、家に普通にありますが、ローターは子供の手が届くところにはないですからね(笑)

私が調べた限りでは涼宮琴音ちゃん以来、二人目ですね。

ちなみに涼宮琴音ちゃんは小1の入学式の日に、友達の家にいって友達のお父さんの隠し持っていたローターで友達と二人でオナったというのが初オナニーになります。

枢木あおいちゃんのケースのように友達同士で冗談でプレゼントし合っていたローターというのは、なかなか興味深いです。

まあ、大人のオモチャは<ジョークグッズ>とも呼ばれてますし、女子高生がおふざけでプレゼントし合うっていうのも、なんだか想像つきますよね。

あおいちゃんは普段は標準語ですが、京都出身で関西人です。

関西のノリでジョークグッズ交換してるってのは、なんとなくイメージ付きますね。

そして、ジョークのつもりだったのに、それを使っちゃうというエピソードがエロいです。

無垢だった女の子がオモチャの快感にハマってしまうような感じでしょうか。

ただ、しつこいですが、あおいちゃんのクラスメイトの女の子達も「使うわけないじゃん!」「ウケる!」とか言いつつこっそりローター使ってたんでしょうけどね。

ona210224-05.jpg

それではセックス事情についても見て行きましょう。

初彼氏は何歳の時?

「16歳の時です」

その彼と初体験も?

「はい」

それまで付き合わなかった理由は?

「ただ、純粋にモテなかったのもあるんですけど(笑)」

「中学時代は部活命だったんですよね」

「友達は『彼氏が~』とか話してましたけど、『違う世界の話やな~』って思ってました(笑)」


それがどういうきっかけで?

「16歳の時に初めて付き合った彼氏は友達の友達でした」

「私の一目惚れで、15歳からずっと1年くらいアタックして」


具体的にはどういったアタックを?

「よく友達みんなでグループ通話してたんですよ」

「だけどたまにグループを抜けて、二人で朝まで電話するとか」


16歳まで女はオナニーしないと思ってたくらいですから、本当に純粋だったんでしょうね。

恋心で必死にアタックする姿を想像すると健気です。

自分ではモテなかったとは言いますが、こんな子に1年もアタックさせるというのは、なんとも贅沢な彼氏です。

ona210224-06.jpg

付き合ってどのくらいで初体験?

「半年ぐらいですね」

「痛かったのは痛かったけど、彼がちゃんと慣らしてくれたのでめちゃくちゃ痛いわけでもなく、幸せだなっていう気持ちでした」

具体的には?

「指でしてもらったりとか舐めてもらったりとか」

それでも、彼氏とはイクまではいかなかった?

「そうですね」

「幸せだったんですけど、友達が『初めてイッた』っていう話をしてて、イクことに興味を持ったんです」


彼とのエッチは体位とか変えてました?

「基本は正常位でした」

「バックはしなかったですね」

自分からしてあげたりなどは?

「フェラぐらい・・・」

「全くの無知識でした」


まあ、当たり前ですがこの年齢同士だとセックスも淡泊になり勝ちでしょう。

で、ちなみにAVデビュー前は男性経験は2人だけだったという、あおいちゃん。

もう一人もやはり高校の頃で、後輩の男子とセックスをしたそうなのです。


ona210224-07.jpg

もう1人経験しているとのことですが、それはどんな男性?

「後輩でした」

「学校の行き帰りに駅で待ってくれたりとか、最初は可愛い後輩だなっていう感じだったんですけど、好きって言われて私も意識するようになって」


その彼は童貞だった?

「そうでした」

枢木さんがリードした?

「頑張りました(笑)」

服脱がせたりしたんですか?

「そこまではしなかったですけど(笑)」

「口でしてあげて、挿れる時は正常位でした」

「そこまで行くのに時間はかかったけど、挿入はわりとすんなり行けました」


17歳で筆下ろしをしてあげた気分は?

「なんか、『何してんだろ?』じゃないですけど、冷静になっちゃいましたね(笑)」

初体験から1年後での童貞筆おろしとの事。

こんな先輩に童貞奪ってもらえるって、うらやましすぎます!

ona210224-08.jpg

と、ここでオナニーについても語ってくれてます。

「その年下の彼と別れた後に、彼氏もいないし、私も彼氏以外の人とするっていうのは無かったんですけど、段々開花してきちゃって」

ムラムラすることが多くなった?

「はい(笑)」

「友達から誕生日プレゼントってローターをネタでもらったことがあったんですよ」

「でも、ネタじゃなくなっちゃって(笑)」


大体月にどのくらいの頻度?

「月に3~4回、なんとなくただムラムラする時があって・・・」

「そんな時はスマホのマンガ・・・男女のイチャイチャラブラブ系を見ながらしちゃいますね」


若干初体験後にオナニーに目覚めたという話とごっちゃになってますが、初オナニーは「16歳」と断言しているので、データは「16歳」として集計させていただきます。

月に3、4回の頻度という事は週1でオナるかオナらないか程度という事ですね。

セックスと同じで、この頃はまだオナニーも淡泊だったようです。

性欲はあるけど、快楽に溺れるほどではない・・・という感じでしょうか。

先ほども、初彼氏とのセックスでイク事はなかったという事を語ってくれてましたが、そこら辺がオナニーの頻度ともかかわってる気がします。

続いてこんな話があります、、、

ona210224-09.jpg

イカせてもらいたいからこの業界に入ったそうですが。

「そうなんですよー」

その前まではそんなにイった事がなかった?

「イったことはなくて」

「 気持ちいいっていう感覚はあるしセックスは好きなんですけど、ただこう、『イクって何?』みたいな」

「『どういう感覚なの?』って」

「エロ漫画とかでしか、そういう描写を見てなかったので」

「それでなんか、それを体験してみたくて」

「で、AVって絶対イク描写あるじゃないですか」

「だから、男優さんってすごいんだって思って」

「体験したいなーって思って、AV業界に入ってきましたね」

「興味だけで来た感じ(笑)」


それで、イケるようになったと。

「そうですね」

それまでっていうのは、クリトリスではイケてた?

「外イキも中イキもわかんなくて」

じゃ、AV業界にきてから?

「そう、きてから」

「なんとなく感覚を掴めるようになって」

「外イキも中イキも今は出来ます」


プライベートではオナニーは?

「今はします」

「昔もしてたけど、でもこうなんかふわっと、なんだろ・・・」

「漫画1つ読んだら終わり、みたいな」

「自分の『気持ちいい』で終了っていうよりは、漫画の区切りで終了っていう」

「漫画の中のフィニッシュがもう私の中のフィニッシュっていう」


オカズは漫画?それで触って、漫画が終わっちゃったらもう終わり、みたいな。

「基本漫画です」
「そう」


エロいところに戻ってもう1回、リピートするとかは?

「最近は違うのを見たりとかありますけど、当時は『イク』がわからないから」

ほんとにさっぱりわからなかった?

「そう」
「気持ちいいし、それが終わって『あ、終わった~』でふわっと終わる感じ」

「今はもう『あ、気持ちいいぃ~~』でこう『あ~~』ってなって終わるけど」


そうなんです。

結局、高校時代のあおいちゃんはイク事を覚えてなかったんですよね。

まあ、これは多くの女性の体験談から見るに仕方ない事でもあります。

男と違って、オナニーを覚えてから初イキまで数年かかる女性が多いですから。

男からみると中々想像しにくいのですが、オナニーに終わりがない感じでしょうか。

どうもスッキリするように思えませんよね。

やはりオナニーはイク事でスッキリすると思うのです。

オナニーをする = オーガズムを得るという事ですね。

オーガズムの強烈な感覚が欲しいから、人はオナニー中毒になるわけです。

逆に言うとオーガズムの感覚を知らなければオナニーにハマらないという事なのでしょう。

ただ、デビュー作で無事にイク事を覚えた、あおいちゃん。

その後はと言いますと、、、

ona210224-11.jpg

「性感帯というか、自分の気持ちのいい所が分かるようになってきてイク時のイメージが出来るようになったかな?」

「前戯で弄られて気持ちのいい場所はいろいろ分かったんですけど、イクときはやっぱりクリが多いかな」


自分でする時もクリが一番?

「そうですね」

「あっ、デビューしてからオナニーの回数はどんどん増えちゃってますね(恥)」

「去年はそれでも週1とかだったんですよ」

「それがなんだか最近は週3超えてますね」


オモチャは使ってます?

「使いますー」

「撮影では色々なオモチャを使うんですけど、プライベートはローターが不動の一位ですね」

「クリだけでイケますね」

「寝る前にすることが多いんですけど、イッたらスヤァって寝つけるみたいな習慣がついているのでとにかくクリに集中してローター当ててます」


オカズは使いますか?

「エロマンガかな」

「いろいろ読むけどオカズにするのはなんだかんだで○○系が多いかも」


お仕事でもメチャメチャ○○されてるのに?

「えへへへへ、やっぱり好きなのかな?」

「でも現実にはありえないようなシチュエーションでも漫画ならあるじゃないですか、たとえば蟲に・・・とか」

「こんなのどうなっちゃうんだろう・・・って女の子目線で楽しんでます」

「想像が働くからエロいな~って」

「でもそんなこんなでオナニーだけでも去年の週1ペースが週3ペースになってるし、自分の性欲が強くなってきてるのかな~っていうのが心配(苦笑)」


というわけで、イク事を覚えてオナニーの頻度が3倍になった、あおいちゃん。

やはりオーガズムの感覚というのは中毒性があるのですね。

オナニーやセックスの頻度が少ない女性というのは、もしかしたらイった事がないのかもしれません。

また、ローターが不動の一位というのは、初オナニーの原体験があるからでしょう。

人間は性の目覚めの時の体験が、その後の性癖に大きな影響を及ぼすようでして、初オナニーの方法が結局一番興奮するという女性も結構いるみたいなのです。

※ただ、初オナニー方法に限らず、大人になってからは結局電マが一番となる女性も多いですが。

あおいちゃんがオカズに使っている○○系の漫画というのも気になりますね。

文脈から察するに凌辱系とかですかね。

あおいちゃんは色んな作品に出てますが、いじめられる系も結構出てますからね。

そういうモノに興奮を覚えていると思うと、見てるほうも興奮してしまいますね。

ona210224-10.jpg

さて、あおいちゃんのオナニー事情については以上なのですが、ここでオススメの無料サンプル動画を紹介しておきます。

デビューするまでイク事を知らなかったとの事でしたが、そんなあおいちゃんをイカせまくるという作品のサンプル動画です。

サンプル内でもエビ反りしてイク瞬間が見れるのですが、オカズになるレベルのサンプル動画だと思います。

サンプル内でもチラチラ見れますが、本編では涎を垂らしながら何度もイってます。

淡泊なセックスしかできなかった女の子が、こうまで変わるのかという感じですね。

ona210224-12.jpg

ona210224-14.jpg

ona210224-13.jpg

ona210224-15.jpg

そして肝心のオカズポイントです。

ブイーーーン!!

「ダメダメダメダメダメ・・・!!」

「ダメ・・・またイっちゃう・・・」


電マをオマンコに押し当てられる、あおいちゃん。

腹筋に筋肉が浮かび上がり、快楽にじっと耐えているようですが、、、

ona210224-16.jpg

「うっ!!!」

ビクン!!!

体を大きく仰け反らせて、見事な海老反りイキ。

背中が弓なりになって、本当に美しいイキっぷりです。

ona210224-17.jpg

今回の体験談を読んでから見ると、女としての開花っぷりが感じられて、より興奮が高まりますね。

気になった方はぜひ見てみてください。

↓↓↓↓

【↓FANZA(旧DMM)にて無料動画再生】
ona210224-d01.jpg
美少女の生々しいSEX 絶頂41回!! 枢木あおい




■オナニーを友達に教えてもらった中2が初オナニーでエビ反りイキ

女優名:
白瀬ななみ
オナニーを覚えた年齢:
中2
当時の方法:
指でエビ反りイキオナニー

ona210224-18.jpg

続いては白瀬ななみちゃん。

先ほどAV女優のアイドル化について書きましたが、白瀬ななみちゃんはまさにAV女優のおっかけをしていたファンだったのが、ある時スカウトされて女優デビューした子なんです。

女性アイドルに普通に熱心な女性ファンがついているかと思いますが、まさにアレです。

AV女優のイベントなどに足繁く通っていた所を、よかったらAV女優にならないかとスカウトされたという事なんですよね。

ちなみにデビュー半年くらいで春埼めい(はるき めい)に改名してます。

デビュー時のプロフィールでは東京出身となっていたようですが、一説によると地方出身・・・(群馬県?)のようです。

地方ですくすくと育った可愛い女の子は、いったいどのようにしてオナニーに目覚めていったのでしょうか?

ona210224-19.jpg

まずはAVオタクになった経緯について、こんな事を語っています。

いつ頃からAV女優のファンになった?

「高1の時ですね」

「南梨央奈ちゃんをツイッターで知って、可愛すぎてもう夢中になってしまったんです」

「最初は同級生の男の子から『みなりお(南梨央奈)に似てる』なんて言われて、検索したのがきっかけなんですけど・・・」
「あれは髪型が近かったからなんだと思ってます」


AV女優のアイドル化によって、学生の間でも話題に挙がる機会が増えているわけで、それがきっかけだったようですね。

しかもSNSなどで可愛い写真などもアップしているので、いきなりAV作品を見るよりは女性ファンがAV業界を知る入り口として、入っていきやすい土壌があるという事なのでしょうね。

ちなみに南梨央奈ちゃんも過去に初オナニーデータをまとめてますが、かなり強烈なオナニー女子です。


買ったAVをオナニーに使うことは?

「使う時もあるって感じですかね」

「実は家では、AVを環境映像のように流してるんですよ」

「やっぱりイベントにいっぱい行くとDVDって溜まっていっちゃうじゃないですか」

「真剣に見てたら見きれないので、自宅で流しっぱなしにしてるんです」

「あ、ドライヤーの時はうるさいんで切ってます」

「喘ぎ声がBGMなんですよ(笑)」


普段からBGM替わりに流してるって、そうとうコアなファンですよね。

AVファンの私もさすがにAV流しっぱはないです(笑)

そんなコアなAVファンだった女の子自身が、世界中の男子のオナペットになるというというのだから、人生はわからないものです。

ona210224-20.jpg

「で、その声にムラっときちゃうこともある」

「そうなると、自分との戦いなんですよ」

「ほら、家に出る準備をしてる時とか時間がないわけじゃないですか」

「やっぱり出かけるタイミングではスッキリしてたいわけで」

「できる限りオナニーはサッと終えてシュッと平常心に戻りたいんです」

「どれだけ時間を抑えてオナニーできるか・・・」

「その勝負ですね」


この発言を見るかぎり、オナニーが日常の一部に溶け込んでいるんだろうなという印象を受けます。

出かける前にオナニーしたくなるとか、とても生々しいですよね。

サクっと性欲だけ処理するためだけにオナるとか。

私の古い知り合いであるMちゃんというOLさんも、朝の出勤前にオナニーするのが習慣と言ってたのを思い出します(笑)

オナった後にシャワーも浴びずに出勤してたので、匂いとかどうなってたんだろうと、笑って言ってましたが。

ona210224-21.jpg

さらにオナニーの頻度についても言及されてます。

オナニーの頻度ってどれくらい?

「週5回ですね」

「オナニーは毎日したいんですけど、疲れた時に電マを握ったまま寝てしまうことがあって、結果的に週5になってしまうという」

「時間は数十分かけることもありますが、最短で2分くらいでイケますよ」

「よくAVでも出てくる、フェアリーのコード付のやつを愛用しています」

「これは、みなりおちゃんに教えてもらったんですよ」

「いちばん振動がすごいって」

「でも、そのうちいろいろ使ってみたいんですよね」

「特に気になってるのは『iroha』!あれは欲しい」

「一番欲しいのはくじらかな」

「ピンクのやつも可愛いです」


やはりオナニーが日常生活に組み込まれているようですね。

お風呂に入ったり歯を磨いたりする感覚でオナニーをしているようです。

男と同じで<一発抜いとく>的な感じで性欲処理としてやっているイメージですね。

ona210224-22.jpg

そして本題。

いつ頃オナニーを覚えたかについても、このように語ってくれています。

いつくらいからオナニーしてた?

「中2くらいだったと思います」

「私、オナニーを知らなくて友達とのエロトークで教えてもらったんですよ」

「初オナニーは手で、速攻でイケましたね」

「なぜかイク瞬間はエビ反りになって(笑)」

「その頃はオナニーのたびに毎回エビ反ってましたね(笑)」

「でもそのうちやらなくなったな?」

「慣れたのかな?」


というわけで、ななみちゃんがオナニーを覚えたきっかけは友達に教えてもらった事でした。

先ほど紹介した枢木あおいちゃんとは逆で、女子同士のトークで知ったケースですね。

女性の間でオナニーの話題というものはタブーなのは確かなのですが、ある一定数の集団の中では、普通にオナニー話をしているんですよね。

特に中学くらいになると、性の話は一番の関心ごとになりますからね。

私の経験を掘り起こしてみても、中学って女子も積極的に下ネタに参加していた印象があります。

私の周りでオナニーの事を開けっぴろげにしていた同級生の女子はさすがにいませんでしたが、もしかしたら仲の良い女子同士でオナニーの話をしていた子はいたのかも。

また、初めてのオナニーからイク事ができたというのも興味深いですね。

初イキまで数年かかるとも言われていますが、それは女子の体の作りの影響もあるのかもしれません。

例えばある女性の話だと、人生初イキは初潮を迎えてからだったそうで。

ななみちゃんも、オナニーを覚えたのが中2と、比較的遅めだったので、体がイクための準備が整っていたとも考えられます。

もちろん初潮前にオーガズムを経験している女性もいるので、直接の因果関係はないかもしれません。

枢木あおいちゃんも、高校からオナニーを始めたのに、イク事ができなかったわけですからね。

ただ、もしかしたら女性としての体がある程度整ってからのほうがイキやすいのかもしれません。

それにしても中2の頃のななみちゃんがイク度に海老反りしていたというのは、ものすごく興奮しますね。

それだけ気持ちいい経験をしてしまったから、オナニー中毒気味になっているものと思われます。

ona210224-23.jpg

さて、ななみちゃんも一本無料サンプル動画を紹介しておきます。

これ、デビュー前に撮影されていた、限りなく素人に近い頃の映像作品なのですが、無料サンプル動画内でオナニーでイクシーンが見れるのです。

受け答えも素人そのもので、かなり普段やってる素のオナニーに近いと思われます。

先ほど、中2の頃は海老反りイキしていたけど、徐々にやらなくなったという話がありましたよね。

本人も慣れたのかなと言ってましたが、まさにその通りで、オーガズムって何度も繰り返してるとある程度慣れてしまう部分ってありますよね。

人生で初めてイった時って、まったく知らない感覚ですから、ものすごい気持ちよい記憶があるかと思います。

しかしそのうち、淡々と処理するように、オナニーでイクようになります。

この動画で見れるのも、まさにそんな感じの淡々とした性欲処理なんですよ。

もちろん体は痙攣しており、体も少し仰け反らせたりはしているのですが、ただ機械的にイってるような感じなのです。

これが非常にエロい。

ブイーーーン!!

「・・・」

少し戸惑いながらも、指示通りカメラの前で静かにオナってるのですが・・・

「・・・あ、イク・・・」

グググ・・・

突然のイク宣言と同時に体を仰け反らせる、ななみちゃん。

そして、、、

ona210224-24.jpg

「くふっ・・・!」

ビクン!!!

縮めたバネが弾け飛ぶように体を痙攣させてマジイキ。

ちなみに本編ではこの後もしばらくビクンビクンしてから、、、

「もういいですか?」

と、冷静に聞き返してるのが印象的でした。

ona210224-25.jpg

さらにもう一度。

ブイーーーン!!

「あ、イク・・・」

ギュ・・・

ona210224-26.jpg

「くふっ・・・!」

ビクン!!!

無料サンプル内で痙攣イキが見れます。

こちらも体は痙攣してますが、淡々としたイキっぷり。

まさに一発抜いた感じ・・・素の性欲処理の瞬間です。

ona210224-27.jpg

また、ななみちゃんは男性経験ひとりでデビューしてます。

それも、3年前にセックスしたきりで、この撮影に臨んだみたいですね。

無料サンプル動画でも、かなり初々しいセックスがちょこっとだけ見れます。

ぜひ見てみてください。

【↓FANZA(旧DMM)にて無料動画再生】
ona210224-d02.jpg
白瀬ななみ(19)デビュー前の未公開初SEX




■父親所有の無修正AVでオマンコの構造を学んだ少女

女優名:
一条みお
オナニーを覚えた年齢:
9歳
当時の方法:
洋物AVを見ながら指でクリオナ

ona210224-28.jpg

続いては一条みおちゃん。

最近のAV女優さんは可愛い子が多いですが、一条みおちゃんもかなりレベルの高い美少女です。

それもそのはず。

デビュー前から北海道で「札幌零ドル図鑑」という、撮影会メインのアイドルグループに所属しているんですよね。

特に目元が色っぽい美人さんですね。

要するに彼女もアイドルAV女優なわけですが、こんなかわいい子でも普通にオナニーしてるわけで、芸能人とかがオナニーしてないわけないと強く確信する次第でございます(笑)

ona210224-29.jpg

果たして一条みおちゃんの性の目覚めとは?

オナニーを覚えたきっかけと年齢について、こんな事を語ってくれています。

性の目覚めはいつ?

「オナニー覚えてたのが9歳かな」

「父が隠してたエッチなビデオをある日見つけちゃいまして」
「それが外国版だったんですよね」

「だからモザイクなしじゃないですか?」
「女の人がクリトリスを触られてるシーンがあって『えっ、ここいじったら気持ちいいんだ』ってそこで興味湧いちゃって」

「でも自分で触っても全然気持ちよくなくて」
「だから気持ちよくなるまで父の目を盗んで毎日毎日ビデオ見ながら触ってました(笑)」


ona210224-30.jpg

お父さんのエロビデオって他のAV女優さんもよく見つけてますね

「見つけちゃうんですよね」

「私が観てるアニメとかの奥の奥の方になんか変な怪しい空間があるんですよね」

「だから宝探しみないな感覚で、見つけたぞって見ちゃうんですよ」


・・・というわけで、出ました!

親のエッチなものを見つけてしまったパターンですね。

女の子がオナニーを覚えるパターンで、結構多いのが家族のエッチなものを見つけてしまうケースなんですよ。

親のAVや兄や姉のエッチな本とか。

このエピソードについては別のインタビューでも同じように語っています。

性の目覚めはいつ頃?

「えっと、性の目覚め自体は、初めてオナニーを覚えたのは小3くらいです」

「なんかこう、ビデオ(VHS)だったじゃないですか、昔」

「で、お父さんがよく買ってたのが、モザイクなしの、あの外国版みたいなやつ」

「あれを私に見えないように、結構奥のところに仕舞ってたんですね」

「でもそれを見つけちゃって、見てみたら『すごいエッチな感じだな』って思って」

「モザイクなしだから、女の人のアソコとかちゃんと見えるわけじゃないですか」

「で、弄ってるポイントも見えるじゃないですか」

「『あ、ここ弄ったら気持ちいいんだ』って思うじゃないですか」

「・・・弄るじゃないですか(笑)」


みおちゃんの場合は無修正のAVだったというのが功を奏した(?)のでしょう。

そもそも女性は自分のオマンコの形すらよく理解していないまま、成長していったりもするそうですからね。

昔、大学1年生くらいの処女の子で実際にいたのですが、自分のクリトリスがどこなのかよくわかってない子もいるわけです。

ここ触ったら気持ちいいんだっていうのも、きっとクリトリスの事でしょうし、それを小3で学習してしまったのは、確かに早熟ですね。

実際、オナニーの存在は知っていても、どうやるかわからないってケースもあるようですし、無修正でやり方を学んだっていうのも、興味深いエピソードではあります。

ona210224-46.jpg

ただ、クリトリスの場所もわかったとしても、いきなり気持ちよくなれない場合があるのが、女の子の体の複雑な所です。

みおちゃんも最初に紹介したインタビューで語ってくれていたように、触っても気持ちよさはそれほどでもなかったようですね。

毎日オナニーしててだんだん気持ち良くなってきました?

「おっぱいは気持ちいいなっていうのは昔からあったんですけど、下のほうはまだ未発達であんまり気持ち良くはなかったけど」

「でも興奮してたから、ビチョビチョに濡れてたと思う」


濡れてたと思う・・・との事ですが・・・

先ほども紹介したある女性の話だと、初潮を迎えるまではオナニーしてもマンコが濡れる事はなかったようなんですよね。

こういった細かい部分も個人差が大きいのでしょうね。

同じくらいの年齢でもいきなりマンコが気持ちいい子もいれば、イク子もいるわけで。

ona210224-31.jpg

さらに現在のオナニー事情についても語ってくれています。

オナニーってしますか?

「オナニーしますね」
「この業界に入って多くなったかもしれないです」

「こっち(東京)では撮影でいっぱい刺激を感じることが多いけど、むこう(北海道)に帰ると、ムラムラっとすることもあるんで自分ですることが多くなります」


オナニーの方法は?

「ベッドの周りにおもちゃを設置しているので」

「電源とかをちゃんとつないで置いといてあるんです(笑)」


それは常に設置してあるんですか?

「はい」

どんなおもちゃが設置されてるんですか?

「電マ2種類あって」
「おっきいのとちっさいの」

「バイブが3種類くらい、色んな形の」
「でローターも1個ありますね」


電マのコンセント繋ぎっぱなしとか、相当なオナニストですね(笑)

頻度については言及してないんですが、この状況からかなり頻度は高そうと想像できます。

大人のオモチャは今やネットで簡単に変えますし、女性向け販売サイトもあります。

大人のオモチャの1個や2個は、今や社会人女性の嗜みなんでしょうか・・・

ona210224-32.jpg

大人のオモチャを使い始めたきっかけとして、こんなエピソードも見つけました。

これも中々興味深いエピソードです。

プライベートで今、アダルトグッズって使いますか?

「あ、もう全然使います」

「うちのその元カレ、結構年上だったんですよね」

「だからだんだんプレイがちょっとめんどくさくなってきたのか『私がオナニーしてるところを見せて』みたいなことになってきちゃって」

「『俺しごいてるから』みたいな」

「だからオモチャをそこらへんに、ベッドの周りに設置していたんですよ」

「『好きなの使え』みたいな」


というわけで、元々は元彼との相互オナニープレイがきっかけだったという事なんですね。

これは羨ましいですね。

私は昔から言ってますが、相互オナニーはセックスより卑猥だと思っています。

目の前にセックスできる相手がいるのに、わざわざオナニーをするわけですから。

また、お互いをオナペットにするという行為が本当に卑猥ですね。

一条みおちゃんは本当に美人さんで、街で歩いていても皆の視線を集めるイイ女だと思うのですが、、、

ona210224-33.jpg

部屋では電マがコンセントに繋ぎっぱなしとか、相互オナニーなんかしちゃってるとか、誰が想像するでしょうか。

人間には誰だって裏の顔というものがありますが、女性にも表にはでない変態性みたいなものがあるわけですよね。

それは他人からは見えなかったりするプライベートな領域なわけですが、恋人なりパートナーになればその片鱗を垣間見る事ができるわけです。

特に相互オナニーという行為は変態性の共有です。

実は私は恋愛の行き着くところオナニー鑑賞だとすら思っています(笑)

なかなか理解されませんが。

ona210224-34.jpg





■希代のドスケベ女を生んだきっかけはネットサーフィン中のエロ動画

女優名:
山岸逢花
オナニーを覚えた年齢:
小4(もしくは小3)
当時の方法:
アダルトサイトのAVを見て指オナニー

ona210224-35.jpg

さて、今回最後に取り上げるのは元地方局アナウンサーの人気AV女優・山岸逢花ちゃんです。

さすが元アナウンサーだけあって、こちらも美人さんですね。

ちなみに彼女の体験談を調べると、彼女自身若干記憶が曖昧な所もあるようでして、インタビュー事に細部が異なります。

年齢についても小4と言ってるものがあったり、小3と言ってるものもあります。

今回は色々と分析した結果、限りなく小4に近い「小3か小4」と判断します。

※統計データとしても小4の10歳として計上しました。

まあ、いずれにせよオナニーを覚えたのは凡そ小学校の中学年の頃だったのは間違いなさそうです。

で、美人さんは美人さんでも、アナウンサー出身という事で、知性も感じさせる美しさではあるのですが、、、

ona210224-36.jpg

一皮むくととんでもないドスケベ女だっていうのが逢花ちゃんの本性なんですよね。

顔が良いとか、体が良いとか、AV女優さんにも色んな方がいますが、彼女はスケベの天才だと思っています。

後述しますが、去年発売されたAVの中で、逢花ちゃんのオナニー作品が私的ベスト作だったんですよね。

体もスレンダーだし、まさに三拍子そろった女優さんです。

そんなドスケベモンスターがどのようなきっかけで性に目覚めたのか、非常に気になる所です。

ona210224-37.jpg

ではまずは一つ目のエピソードを見てみましょう。

初めてオナニーしたのはいつ?

「言えない、言えない」

幼稚園とか?

「それはないですけど・・・小学校の時です」

「中学年、4年生くらいかな」


なにがきっかけ?

「たぶんパソコンをけっこういじっていた時期で」

「ゲームとかをやっていたんですよ」

「そうしたら、なんか、バナーっていうんですか」

「あれが出たんですよ」

「もう豊満なボディが・・・静止画で」

「これヤバイかもって思ったんですけど・・・」

「進んじゃいました」


それで自分のオマンコを触った?

「はい」

「豊満なボディの女性がやってるポーズを真似て・・・」

「でもそんなに気持ちよくはなくて・・・」

「イッたこともなかったんですよ」


というわけで、ネットで見たエロ動画がきっかけでオナニーに目覚めたという逢花ちゃん。

※パソコンだったのか、携帯だったのかはインタビュー毎にブレてますが、ネットだったのは確かなようです。

今はドスケベなイイ女である逢花ちゃんも、小学校の頃は当然普通の女の子だったわけでね。

オナニーもそこまで気持ちよかったわけではなく、割と淡泊な印象です。

また、ネットでエッチな事を知ってしまうというのは、現代のスタンダードの一つではないでしょうか。

こういう話が出ると、やっぱり子供のネット規制は必要だという話につながりますが、、、そうは単純な話でもないとは思うんですよね。

子供にもネットを垂れ流しで見せればいいんだ・・・とまでは言いませんが、いくらネットを規制しても、いつかはどこかでエッチなものを見つけてくるのが人間ですからね。

私もネットは無くとも、友達同士でAVを借りあったりしましたし、小学校の頃には漫画のエッチなシーンをオカズにオナニーしてましたからね。

ネットはどこまで規制すればいいのか、とても難しい問題ですが、あまり神経質にならないほうが良いとは思ってます。

完全なエロの無菌状態で育てる事はできないし、無菌状態で育てるほうが大人になってから問題が出るのではないかと思っています。

ona210224-38.jpg

さて、子供の頃はオナニストというわけではなかった様子の逢花ちゃん。

現在はすっかりオナニストのようです。

デビュー作についてのインタビューでの発言を見てみましょう。

(デビュー作では)オナニーシーンがエグかったと評判です。

「あはは(爆笑)」

「その時、自分がプライベートでハマってるオナニーのやり方が、指2本を中に入れて、外を刺激して、また中に入れてと交互にする感じだったんですけど・・・」

「だって、他の人がどんなオナニーしてるかなんて知らないし、それが普通だと思ってたんですもん!」


その時々でオナニーにもブームがあるんですね。

「最近は指を1本挿入してクリ裏を押さえて、外からもクリを挟み込むように押さえる感じで」

先ほども書いたように、逢花ちゃんは去年、歴史に残るオナニー作品を世に出してくれたのですが、そこでもエグイオナニーをたくさん見せてくれてます。

※その作品について書いた記事のリンクは本記事の最後に貼ってありますので、もう少々お付き合いください。

ona210224-39.jpg

初オナニーについて、別のインタビューも見て行きましょう。

オナニー歴って長い方ですか?

「初めてやったのは小3かな」

「携帯で無料ゲームをやっていたら、エッチなバナー広告からアダルトサイトに飛んじゃって、そこで初めてAVを見たんです」

「紅音ほたるさんが凄いランジェリーを着て、男性に跨がっているところが印象的で」

「それから何となくオナニーみたいなことをするようになって、気持ちいいというのも分からないままに2年くらいやってて、ある日、初めてイッたんです」

「ゾクゾクして、それ以上は触ってられない感じでしたね」


その頃もAVは見てた?

「それが、その後はお父さんのパソコンでサンプル映像を見てたんですけど、今になって思うと、絶対に履歴が残ってて、お父さんにはバレてましたよね(笑)」

最初に書いておいたように、細かい部分がブレてるんですよね。

小4だったり小3だったり・・・パソコンだったり携帯だったり。

まあ、実際初オナニーの思い出って、記憶が曖昧になっても仕方ないのかもしれません。

少なくとも、オナニーを覚えてから頻繁にオナニーするようになったから、記憶が曖昧になってるのだと思います。

オナニーをほとんどしてなかったら、その一回が記憶に残るでしょうしね。

そして注目したいのが、オナニーを始めてから数年後に経験する事による人生初イキですね。

今回取りあげた他の子たちも言ってますが、イク事を覚えてからオナニーの頻度が上がったり、オーガズムが女性を変えるというのはあるかもしれません。

ona210224-40.jpg

さらに別のインタビューも。

こちらでもオナニーを覚えたきっかけについて語ってます。

「初めてオナニーを覚えたのは小4ですね」

「きっかけはパソコンゲームのバナーですね」

「可愛らしいアニメ女の子がエッチな格好で貼り付けられてあって、なんだろうコレって開いてみたのが、エッチに興味を持ち始めた最初でした」


やはりイクんですか?

「いえ、そこからは少し時間がかかったんです」

「初イキは中1まで待つことになります」


中学時代はオナニーしまくりのイキまくり?

「オナニーは大好きでしたけど、当時はどんなに試行錯誤してもイケない時もありました」

「今思えば、原因は思春期特有の気分の問題だったと思います」


思春期特有の気分の問題でイク事ができなかったというのは興味深いですね。

体だけの問題ではないんですね。

現在は精神的にも成熟し、開放されているからセックスもオナニーも堪能できているという事でもあるのでしょうか。

ona210224-41.jpg

中々イク事ができなかった小学校・中学校時代ですが、如何にして現在のスケベモンスターになっていったのか。

その間を埋めるミッシングリング的エピソードが中々ないのですが、こんな発言なんかも見つけました。

初体験はいつなんでしょうか?

「中3ですね」

「でも最初は思っていたよりも気持ち良くなかったですね」

「それが高校生くらいで気持ち良さがわかってきて、高3の時にはセックスでもイってましたね」


セックス自体も最初から気持ちよかったわけではないようですね。

それでも高3くらいではセックスでもイクようになったというのは、中々早熟なのではないでしょうか。

セックスというものに真摯に向き合っていった結果なのでしょう。

また、性への探求心の高さ感じさせる、こんな発言も。

「私、クリを皮の上から触られるのが好きなんですよ」

「あと最近はその周辺も気持ちいいことがわかってきましたね」

「入り口を触られているだけでもイっちゃうこともしばしばです」


自分の体をどういじればイクのか、そういった事を突き詰めていくのはものすごく探求心も高いし、性への積極性も感じさせます。

元々逢花ちゃん、アナウンサーという知的な職業を選んでいた所からもわかるように、結構好奇心旺盛な面があると思うのですよね。

結局、性への積極性、探求心、自分の体や心の理解、、、

そういったものが積み重なって、現在のスケベな逢花ちゃんを生み出していったのでしょうね。

実は私は頭の良い女性はドスケベ説を持論としてまして、逢花ちゃんはその典型の一人かなとも思うわけです。

女性の知的好奇心は性への好奇心へと転換されやすいと思ってます。

なぜなら女性はとても気持ちいい快感を得る事ができる体を持っているからです。

ona210224-47.jpg

さて、逢花ちゃんの初オナニーについては以上です。

途中で何回か書きましたが、逢花ちゃんのオナニーを知るにはもってこいの作品があります。

それが去年発売されたコロナ自粛中に1カ月間オナニーを自宅で記録し続けるという作品なのですが、これがまた大傑作なのです。


ona210224-42.jpg

ona210224-43.jpg

ona210224-44.jpg

ona210224-45.jpg

この作品に関しては全3回に渡って書いた記事がありますので、興味のある方はぜひそちらを読んでみてください。

オナニーモノ好きならば必見の名作です。











さあ、今回もボリューミーになりましたね(笑)

このまとめを書く時は結構大変で、何日もかかってしまいます。

本当、誰得の企画ではありますが、ほぼ自分の性癖のために書いております(笑)

以前も書いたと思いますが、とりあえず100名になるまでは続けるつもりです。

今回ので総勢92名のデータが集まりましたので、残り2回で100名達成ですね。

それではまた近い未来でお会いしましょう!

↓↓↓↓今までのまとめはこちら↓↓↓↓








[タグで関連記事を表示] * 初オナニー * 性の目覚め * オナニー * 人生初イキ * 女の好奇心 * ドスケベ女 * オーガズム * 海老反り

Last Modified : 2021-03-27

コメント







非公開コメント

モウソウさん

Re: 長編の記事、お疲れ様であります!

>アズナブ~ル

確認してみたところ、一番最初の記事が2016年7月だったのでここまで5年近くかかってます(笑)
だいぶ遅筆ですね。

山岸逢花ちゃんのベストオナニー指示は本当に名作なので、ぜひ見てみてください。
2021-03-14-11:24 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

長編の記事、お疲れ様であります!

私は【一般マンガのエロ】で研究所に辿り着いたので、
AVなど実写系の記事を余り読んでいなかったのですが、
本当にボリューミーで「ライフワーク」的な凄味を
感じました♪ 今回で92名だとか=継続は力ですね。

普段は聞くことが難しい「オナ話」がある作品と
内容の抜粋を読んで知る事ができるので有難いです。

オナニー物は好きな方ですが、最近はAVを観る機会が
減っていましたが、モウソウ管理人さんが超イチオシの
『山岸逢花にベストオナニー指示』を見てみます。では!
2021-03-13-20:47 アズナブ~ル
[ 返信 * 編集 ]