TOP >  オカズな同人・エロ漫画 >  【同人】NTRの超名作の爆誕と堂々の完結! 女をオナホとしか思ってない男達と愛の無い超気持ちいいセックスに溺れる清楚系ビッチ

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>





<<無料サンプル動画>>

落書きされて興奮する変態少女とのSEX

【同人】NTRの超名作の爆誕と堂々の完結! 女をオナホとしか思ってない男達と愛の無い超気持ちいいセックスに溺れる清楚系ビッチ

ona210101-01.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



2018年の11月に発表されてからちょうど2年の時を経て、あのNTR(ネトラレ、寝取られ)ものの大傑作「カラミざかり」が完結したのをご存知でしょうか?

最終巻にあたる「カラミざかり3」が今から1カ月半前に配信開始され、私も速攻購入して読んではいたのですが、私の中で内容を整理するのに少々時間がかかりまして、ようやく今回記事にするに至った次第でございます。

※1、2については以前記事を書いてますので、そちらをどうぞ。



完結編まで読んでみての感想ですが、、、

まず最初に結論を申し上げると、本作品はまごう事なきNTRの金字塔、名作、大傑作としてエロ漫画の歴史に刻まれるであろうという事です。

正直、私はこの作品に出会うまではNTR趣向というのは薄いほうでして、むしろ胸糞と感じてしまう事も多かったくらいです。

しかしそんな私の性癖を捻じ曲げてくれたのが「カラミざかり」です。

現在「カラミざかり」1~3は私のオカズバイブルの中に殿堂入りを果たしています。

今回の完結編も非常に納得のいくラストだったのではないかと思っています。

ひとえに作者の桂あいり先生の画力と、突き抜けたシチュエーション設定のたまものではないでしょうか。

しかしどんな漫画でも、どんな映画でも万人が納得するものはできません。

特にエロ漫画というものは、それが難しいジャンルだと思っています。

エロスとはある方向の性癖に偏れば偏るほど、その性癖を持つ人間にとっては最高のものになります。

つまり良いエロ漫画とは、その性癖を理解できない人を切り捨てるくらい、内容を偏らせる必要があるのです。


実際、今回の完結編もFANZAのレビューで賛否両論を呼んでます。

今回完結編という事で、評価に一番影響するのはラストがどうなるかという所だと思います。

3巻が特にレビューが荒れているのは、ある人にとっては最高のラストでも、ある人にとっては胸糞エンドだからというのが大きいのではないでしょうか?

私も色んな方のレビューを読んでみまして、なるほどなと思う部分もありました。

ただ、そういった指摘も含めて、すべて桂あいり先生の持ち味なのではないかと思っています。


・・・というわけで、私にとっては傑作でも、今ブログを読んでいる方にとっては大したことない作品、胸糞な作品かもしれません。

前述のとおり、私はNTR初心者でもあるので、どっぷりNTR好きな方はもっともっと違うものを求めているかもしれませんし、逆に普通の恋愛ものを求めている人は胸糞じゃんと思うかもしれません。

ただ、私にとってドストライクだったのは、この作品がNTRものとして突き抜けつつ、NTR初心者でも取り込めるバランス感覚もあったからかもしれません。



では、前置きはそこら辺にして3巻について書いていきましょう。

まずは登場人物のおさらいです。

・コーセー
主人公。クラスメイトの飯田の事が密かに好きだが、言い出せない。
童貞だったが、飯田の親友の新山で童貞喪失。
しかも飯田に見られながら。

・飯田
黒髪ロングで大人しい性格の女の子。
大人しい性格に見えて実はオナニーもしていた。
物語当初は処女だったが、初体験後はヤリまくる。
あまり自己主張しないタイプ。

・貴史
坊主頭でコーセーの友達。
悪い奴ではないが鈍感。
コーセーが飯田の事を好きなのを気づかず、コーセーの目の前で飯田の処女を奪う。
その後も飯田や新山とノリノリでセックスしまくる。

・新山
飯田の親友でノリがいいタイプのJK。
物語当初はやはり処女だったが、エッチな事には興味津々で積極的。
コーセーが飯田の事を好きなのに気付いている。


2巻まではこの4人のグループセックスを中心に話が展開していましたが、2巻の終わりで登場するのがイケメン大学生の和紀。

コーセーや高史が知らないところで、和紀に飯田も新山も食われてしまったところで終わってましたが、3巻もその続きから始まります。

飯田と新山も、コーセーや貴史と散々セックスしまくって、経験豊富にはなってきていましたが、大学生の和紀のテクニックはそのレベルではありません。

イケメンでナンパな性格で、セックスの経験が豊富な大学生である和紀のテクニックで、本当に気持ちいいセックスを味わってしまいます。

3巻の冒頭は3Pから始まるのですが、絶倫の和紀相手で二人とも乱れまくり。

このセックスシーンだけでも50ページ近いボリュームで濃厚に描かれています。

で、このセックスには愛はありません。

実は新山は和紀に一目惚れしているのですが、和紀は当然JKとヤリたいだけなので、恋愛感情はゼロです。

ヒロインの飯田も、和紀に対して特に恋愛の感情はなく、ただ誘われるがままにセックスしているだけなのです。

ona210101-02.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



ここら辺がたちが悪い(NTR的には素晴らしい展開)ですね。

新山は和紀に会うために飯田を誘っているだけなのです。

主人公のコーセーは夏休みの夏期講習で勉強以外外出禁止の軟禁状態であるにも関わらず、知らない所で知らない大学生と片思いの女の子がセックスしまくっている、、、

しかもそこには明確な恋愛感情は一切なく、ただ友達の新山に誘われるがまま男の家に行き、誘われるがままセックスをするヒロイン・飯田。

普通の恋愛漫画だったら胸糞以外何物でもないでしょう。

ただセックスしてるだけではありません。

今まで味わった事のないレベルの気持ちいいセックスなのがポイントです。

坊主頭の貴史にも体を開発されて、潮吹きまで覚えていた飯田ですがまだまだ女の快感には限界がありません。

和紀のGスポットを的確に突くピストンにより、飯田はこれまでに経験した事のない激しいオーガズムを味わう事になります。

ズド!ズド!ズド!

「・・・きもちぃぃっ!!!」

ビクン!!!

正常位の途中で180度開脚足ピンしながらマジイキするヒロイン・飯田。

ona210101-03.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



物語の当初。

教室でのエッチな会話で頬を赤らめていた清純派ヒロインが、、、

ona210101-04.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



ナンパな大学生のチンコで全身が制御不能になるほどオーガズムに足ピン。

シーツもギュッと握りしめてます。

ona210101-05.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



清楚の証のロング黒髪を振り乱し、ベッドに頭をめり込ませる勢いで海老反りイキ。

可哀そうになるくらい乳首がカチカチに勃起しています。

もしも自分の片思いの少女が、自分が受験勉強で忙しい時にこんな体験をしていたと思ったら、、、

とてもじゃないけど精神を保てないでしょうね。

ona210101-06.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



これが正式な恋愛だったら、まだ諦めがつくでしょう。

しかし相手の大学生はヒロイン・飯田の事をただのマンコとしか見ていません。

「やっぱコレ、そーとー名器だわ」

「・・・え?」

「あーいや、なんでもないよ」

寝取った相手は、女の子の事をオナホや玩具としか見てないんですよね。

ただ気持ちよく射精するための道具。

そして暇つぶしのオモチャ。

飯田はこの大学生にアナルでもイクように開発されてしまいます。

ただのオモチャとして。

ona210101-07.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



しばらくすると新山は呼ばれなくなり、名器である飯田と和紀だけでセックスを重ねていく事になります。

新山の恋愛感情のために巻き込まれ、ヒロインがセックスモンスターと出会ってしまったわけですが、その恋愛も一切報われない所が救いがなくて良いです。

極めつけのシチュエーションは、いつも通り和紀と飯田の二人で部屋でセックスしていた時の事、和紀の友人・俊也が突然遊びに来るという展開です。

急な来客に、裸の飯田は当然恥ずかしがります。

しかも直前まで和紀とセックスしていたので、シーツは自分の愛液でビチョビチョ。

しかし、和紀は一切動揺する事なく、ただ部屋でゲームでもやっていたかのようにふるまい、コーヒーまで出します。

・・・和紀にとって、飯田とのセックスはゲームやスポーツと同じようなものなんですね。

俊也が飯田にちょっかいを出しても、咎める事のない和紀。

結局自己主張のない飯田はそのまま俊也にも犯されてしまいます。

まったくのノーガード、、、とんでもなくセキュリティの甘いマンコです。

ona210101-08.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



NTRとは独占欲の裏返しだと思います。

いわゆるネトラレの対局にあるのが処女厨ですね。

処女厨になるにも色々な理由があるとは思うのですが、その一つにあるのがあのオマンコを自分だけで独占したいという感情です。(処女厨全員がそうだというわけではありません)

そこには普通の女性が経験してくるであろう、恋愛や、性欲、本人の意思などは関係ありません。

普通の人生を送っていればセックスも経験するでしょう。

本来、人を好きになるのに処女かどうかは関係ないはずです。

つまり、処女に異様に拘るという事は無意識のうちに女性をただのマンコ・・・モノとして扱っているんですね。


で、そのマンコには貞操観念とか、男性への距離感とか、女性本人の意思でセックスを拒むというセキュリティーガードが存在しており、処女が保たれるわけです。

そして都合の良い妄想を描く男たちはオマンコという宝物を守るセキュリティーは、なぜか自分だけが解除キーを持っており、処女をゲットできると信じているのです。

そう考えると、そのガードが全く存在していない、完全に無防備な宝箱が飯田なのです。

飯田は簡単にセックスさせちゃうので、コーセーがまったく報われませんね(笑)

あるレビューでは飯田の意思の無さを批判する声もありましたが、逆に私はそこが良いと思いました。

ここら辺の危うさを楽しめるか否かが、本作品の評価を分ける所でもあります。



さて、本編ではまったくノーガードの飯田がどんな人生を歩んでいくのか・・・コーセーとの関係はどうなっていくのかが描かれています。

先に書いた通り、賛否の別れる結末ではありますが、NTRがどうしても受け付けないというわけでなければ、ぜひ読んでいただきたいと思います。


本ブログでは、脇役である新山と貴史のNTRについて、もう少し考察していきたいと思います。

まず、ヒロイン・飯田の親友である新山ですね。

新山は大学生の和紀の事が好きでしたが、結局結ばれません。

和紀は最初は三人であってましたが、途中から新山を排除し、飯田とだけセックスをするようになります。

NTRは一般的に好きな女性を他の男に寝取られる事を指すと思いますが、これは男女が逆になったパターンですね。

新山が好きだった和紀は、飯田に取られてしまったわけです。

しかも飯田も和紀も恋愛感情はなく、ただ飯田のオマンコが名器だったからというだけですから、救いがありません。

ona210101-10.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



3Pをしている際も、新山はどこかぞんざいな扱いを受けている気がするんですよね。

新山はシャワーを一人で入らせられるが、飯田と和紀は一緒に入ってイチャイチャするなど、露骨な描写もありますが、それだけではないわけです。

和紀が真に狙っているのは飯田であり、新山はさっさとイカされたり、なんとなくモノ扱い感が強い気がするのです。

桂あいり先生も、そういう意図で描いているわけではないかもしれませんが、私はなんとなくそんな印象を受けました。

少なくとも、好きな人とのセックスをしているつもりの新山に対して、和紀から見たらただのサブオナホみたいなものですからね。

新山の恋愛感情を知っているからこそ、恥ずかしい恰好で戯れにイカされる姿に健気さを感じます。

ona210101-09.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



元々、すべての始まりは新山でした。

「さっき言ってたヤツ見せてよ、オ・ナ・ホ!」

まだ童貞と処女の集まりでしかなかった4人が、セックス三昧の夏を過ごす事になったきっかけは新山のこの一言だったわけです。

ですので当然、新山はこの物語に無くてはならない重要人物ではあるのですが、新山の役割はこれだけではありません。

ただ流れでセックスを重ねていく飯田とは別の、違った意味で報われない裏ヒロインとしても丁寧に描かれています。

ona210101-11.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



和紀に見捨てられた新山ですが、本当に可愛そうなのはその後です。

失恋による傷心だけでなく、和紀との関係のせいで、親友だった飯田とも距離感が生まれてしまった新山。

夏休み明けに久しぶりにコーセーに再会した新山は、コーセーが飯田の事を好きだと気づいていた事、そして自分のせいで飯田を巻き込んでしまった事を打ち明けて謝罪します。

元々コーセーと新山もセックスグループの一員で、何度もセックスしていますし、コーセーの初体験の相手は新山です。

「あたしらもしよっか」

同時に失恋した二人は、自然な流れでセックスする事になります。

しかし、、、

ジュポ!ジュポ!ジュポ!

「元気にならないね・・・帰ろっか」

いくら新山にフェラチオされても勃起しないコーセー。

色んな事があってコーセーの性癖はとんでもなく屈折してしまっていたのです。

ここでコーセーは男として最低の事をやります。

それは飯田の事を妄想しながら新山とセックスするという事です。

ona210101-12.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



別の女性の事を思い浮かべながら目の前の女性とセックスというのは、、、正直に言うと経験あります(笑)

しかしコーセーは新山に飯田の事を露骨に聞いていきます。

飯田が和紀とどんなセックスをしていたのか聞きながらみるみるチンコを固くしていくコーセー。

結局、飯田と和紀のセックスを妄想しながら、新山のマンコで盛大に射精します。

新山はただ股を開いてマンコを貸しただけ。

傷ついた心をいやすためにコーセーとセックスをしたはずなのに、コーセーの頭の中は飯田でいっぱいなのです。

ある意味、精神的にも再び男を飯田に寝取られたわけですね。

このオナホール感は救いがなさ過ぎてエロいですね。

ある種、本作の中で一番エロいシチュエーションかもしれません。

ona210101-13.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



和紀とのセックスでも、もちろん愛はなかったわけですが、それでも相手にはされてましたからね。

和紀もテクニックを駆使して、新山をイカせまくりましたし、新山も恍惚の表情を浮かべていました。

ona210101-14.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



ところがコーセーは新山の事を見てもいないわけです。

この二つのセックスは、どちらも愛が無いセックスではありますが、本質的にレベルが違います。

対比してみてどうでしょうか?

カエルのように股をガバっと開き、ザーメンを受け止めるだけの器と化した新山が可哀そう過ぎて・・・エロいです。

ona210101-13.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



一方、坊主頭の貴史はというと、、、

コーセーとは別の理由で夏休みは拘束されてしまい、飯田や新山とセックスできなくなっていました。

あまりにも部活をサボりすぎたため、野球部の先輩に夏休みの間中、メチャクチャしごかれる事になったのです。

ona210101-15.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



そんな部活まみれのある日の事、、、しごきを見るに耐えかねた野球部のマネージャー・竹内先輩が優しく声をかけてきてくれます。

竹内先輩については実は1巻に伏線がはられていたのですが、貴史が密かに好意を寄せる憧れの女の先輩です。

一人っきりでグラウンドの片付けをさせられていた貴史を手伝う竹内先輩。

夜の部室で二人きりになった時にこんな会話が交わされます。

「そういえばさ、吉野くん(貴史)って、サボってる間何やってたの?」

「・・・セ・・・セックスです・・・」

突然、とんでもない話題をぶっこむ貴史(笑)

当然、戸惑う竹内先輩ですが、これをきっかけに竹内先輩とセックスをする事になります。

ona210101-16.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



竹内先輩がどの程度の性体験があるかはわかりませんが、貴史に関していえば4人で毎日のように何時間もセックス三昧の生活を送ってきた熟練者です。

セックステクニシャンの大学生・和紀ほどでは無いにしろ、野球部のマネージャーをやってる普通の女子高生が太刀打ちできるわけがありません。

詳しい描写はありませんが、マン汁だらだら流しながら、マンコ丸出しでぐったりしている事後の姿が描かれています。

ここで面白いのが、貴史をしごいていた野球部の先輩も、マネージャーに片想いをしていたという事。

自分がいじめる勢いでしごいていた後輩に、あっけなく寝取られてしまったというわけなんです。

空気の読めない貴史、気づかないうちに二度目のNTR成功(笑)

ona210101-17.jpg
出典:桂あいり「カラミざかり」



この貴史の空気読めない性格っていうのは、恋愛に関していうと非常に強力なスキルですよね。

もちろん失敗に終わる事もあるでしょうけど、恋愛に大事なのは行動です。

空気を読めないから飯田や新山の処女も奪う事ができたし、憧れの先輩にセックスの話題をふるという暴挙も躊躇せずできるのです。

実際、躊躇するコーセーよりも躊躇しない貴史のほうが美味しい目にあってますし、現実世界でも貴史みたいに良い思いをするヤツっていますよね。

また、本編を読んだ方は気づいたと思いますが、後半の貴史の何気ない一言がコーセーにある行動を起こさせるのです。

最後まで無意識に物語をかき回すヤツです(笑)



「カラミざかり」の物語は完結してしまったので、今後の飯田とコーセーが描かれる事はないでしょう。

しかし、新山と貴史に関してはスピンオフ作品とかぜひ見てみたいですね。

特に新山の報われない女子感が最高に好きです。

結局、新山は誰からも愛されないままヤられまくったわけですが、、、

今後、本当に愛し合える相手が見つかるでも、さらに悲惨な運命に巻き込まれるでも、どちらでも良いので見てみたいです。


さて、FANZAでは3巻すべて配信されておりましてちょこっとずつシーンを見る事もできます。

1年に1冊しか発表されなかった分、各巻が結構ボリューミーです。

1巻が91ページ、2巻と3巻がそれぞれ155ページずつあります。

3巻合わせて401ページと、エロ漫画としては長編にあたります。

オカズとしても実用的で、コスパは最高だと思いますので、興味が出た方は購入も検討してみてください。


それではまた!

・・・あ、申し遅れましたが明けましておめでとうございます!

今年も「オナニーのオカズ研究所」をよろしくお願いします。


★FANZA(旧DMM)で配信中

ona210101-d03.jpg
カラミざかり3


↓↓↓ 1巻と2巻はこちら ↓↓↓


ona191127-d01.jpg
カラミざかり


ona191127-d02.jpg
カラミざかり2







[タグで関連記事を表示] * セックス * NTR * オーガズム * 海老反り * 足ピン * 貞操観念ゼロ * オナホ代わりのマンコ * 中イキ * やばいイキ方

Last Modified : 2021-01-17

コメント







非公開コメント

モウソウさん

Re: No Subject

コメントありがとうございます!

気に入っていただけたようで良かったです。

また、いい作品あったら紹介しますね。
2021-02-08-22:42 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2021-02-08-17:39 -
[ 返信 ]