TOP >  オカズな一般マンガ >  【一般アニメのエロ】少女のマンコが規制の緩い時代の一般向けアニメで描写されていた ワレメは女性器か否か論争の混迷期

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>

<<抜ける無料サンプル>>
簡単にすぐイっちゃう特異体質の
ボーイッシュな貧乳少女
体を硬直させて何度もイク瞬間が見れる

もう駄目イク・・・!!




【一般アニメのエロ】少女のマンコが規制の緩い時代の一般向けアニメで描写されていた ワレメは女性器か否か論争の混迷期

ona201004-01.jpg
出典:「少年ケニヤ」



今回は一般漫画のエロ・・・の番外編としまして一般アニメでのエロ表現について書いてみたいと思います。

現在では絶対にできないことだと思いますが、誰でも見れる一般向けのアニメで、少女のマンコが描かれていたというお話です。

・・・と、その話をする前に、日本における性表現の規制についてお話させてください。


漫画やアニメに限らず、性的表現というものは規制と表現の自由のせめぎ合いでございまして、アウト/セーフ、そしてグレーゾーンというものは時代とともに変化してきました。

どこからセーフでどこからアウトなのかは世界各国でも異なりますが、日本の裁判等では「わいせつ」というものの定義を次のように定めています。

1.徒らに性欲を興奮又は刺戟せしめ、
2.通常人の正常な性的羞恥心を害し
3.善良な性的道義観念に反するものをいう


私には非常に曖昧な定義のように思えるのですが、皆さんはどうでしょうか?

何に性的興奮を覚えるかっていうのは人それぞれだと思うし、これだと明確な基準にならないと思うのですよね。

この基準が曖昧な事によって、時代時代でいつの間にかアウトだったものがセーフに、、、逆にセーフだったものがアウトになったりしてるんです。

一番有名な話がアンダーヘア・・・つまりマン毛の解禁ですね。

別に陰毛くらいいいじゃないかと、今ならば思うのですが、1970年代あたりまではヘアヌードは完全にアウトな代物でした。

ところが徐々に徐々に「陰毛はわいせつ物」だという主張と「表現の自由だ」という主張のせめぎ合いが起こり始めます。

そしてついに1991年にヘアヌードが解禁となります。

その解禁となった経緯も、法律に「ヘアヌードOKです」と明記されたわけじゃないんです。

篠山紀信先生の撮影したヘアヌード写真集に対して、警察が摘発でなく口頭での警告のみを行ったという事実があるだけなんです。

要するに警察が逮捕しなかった、、、ならば暗黙の了解でセーフって事ね っていう話なんです。

とても曖昧な話ですよね(笑)


そんなわけで映像制作業界も出版業界も、警察の顔色をうかがいながら、暗黙の了解というやつを探り探りやっているというのが現実なのです。

で、この暗黙の了解の中で最もわかりやすい基準というのがオマンコ見せたらアウトというものです。

マンコ見せちゃダメ・・・これは知っている人も多いのではないでしょうか?

マンコにモザイクがかからずにモロに映っているAVはいわゆる裏と呼ばれてたりしましたよね。

ところが、かつて一般に手に入る雑誌などで少女のマンコの写真を掲載してもセーフだった時代があった事をご存じでしょうか?

ona201004-19.jpg

それは1970年代後半から1980年代前半にかけてのロリコンブームの時代です。

今では<ロリコン>という言葉にはすごくマニアックなイメージがついていると思いますが、一般人を巻き込んでロリコンがブームを巻き起こしていた事があるのです。

宮崎駿監督の「ルパン三世 カリオストロの城」のルパンの有名なセリフで「妬かない、妬かない、ロリコン伯爵!」というものがありますが、それぐらい一般に浸透した言葉だったようなのです。

で、このロリコンブームの時代には、なんとまだ陰毛も生えていない未成年のオマンコ、、、いわゆるワレメの写真を掲載した雑誌などが普通に販売されていたのです。

今ではむしろ児ポとして国際的にもアウトな未成年のワレメですが、これが許されたのは先ほどのヘアーがアウトだったという時代背景の反動とも言えるのです。

つまり当時の日本では陰毛そのものを<わいせつ>と見なす考えが浸透していたため、陰毛が生えてない少女のマンコは<わいせつではない>という理屈なんですよね。

マン毛がボーボーの大人のマンコが卑猥なのであって、つるつるマンコは子供の体だから卑猥とかそういうのじゃない っていう。

・・・今では理解できない理屈ではありますが、とにかくその時代は少女ヌードでマンコを見せる事ができたのです。

今と違って、ネットで気軽にマンコを見る事ができない時代です。

ワレメとは言えマンコが見れるロリコン雑誌は、ロリコンでない人にも広く買い求められたそうで、ロリコンブームの後押しとなったようです。

ところがこれも1985年頃に「ワレメも性器」(当たり前ですが)という見解により、警察に摘発される雑誌が出始めて、終焉を迎えます。

ona201004-20.jpg

さて、これまで話してきたのは基本的に実写によるものについての規制です。

実写・・・写真集や映画などと漫画・アニメはアウト/セーフの基準にズレがあります。

漫画・アニメでの女性器描写とはいったいどうなのでしょう?

実はマンコを見せちゃいけないっていうのはあくまで本物のマンコであって、基本的には絵のマンコはその範疇には含まれないはずなのです。

絵は所詮「絵」でしかなく、紙の上に書かれた記号でしかないですからね。

実際、SNSなどでマンコの写真をアップした人が逮捕された話は聞きますが、マンコの絵をアップした人が逮捕された話はあまり聞いたことがありません。

ただ結局、摘発するか否かは警察が判断するので、セーフの「はず」とまでしか言えないのです。

そのため、絵のマンコについても非常にグレーゾーンではあるのです。

ona201004-21.jpg

グレーゾーンであるため、商業作品においては漫画でもアニメでも、基本的にオマンコは描写されません。

女性の股間は何もないつるつるの皮膚であったり、何らかの方法で隠したりします。

ただ、表現というものは徐々に徐々に過激になっていくものです。

そして1980年代後半頃、詳細なオマンコを描写する漫画がついに一般誌に登場します。

それが、かつてヤングサンデーで連載されていた「ANGEL」という漫画です。

※「ANGEL」については↓↓↓



「ANGEL」のマンコ描写は、現在のエロ漫画、同人誌に比べれば、まだデフォルメされたものではあったのですが、それでも当時の常識からいうと、かなり緻密な描写でした。

リアルなマンコの絵が見れるという事で人気を博した「ANGEL」ですが、過激な表現には反発する人たちもいます。

「ANGEL」は当時のPTAなどから猛反発をくらい、一部の自治体で有害図書に指定される事態とまでなってしまったのです。

警察に摘発されたわけでもなく、自治体に有害図書指定されただけではありますが、その事が原因で内容もどんどんと過激さが抑え込まれてしまい、連載終了へと追い込まれてしまいました。

しかもマンコを描写したまま発売されていたコミックは発禁処分となり、以降は修正を施された形でしか販売されていません。

※「ANGEL」は電子書籍でも復刊していますが、すべてマンコには修正が施された状態となっています。

この事件以降、やはり一般誌ではマンコ描写に関しては再び敏感になってしまいまして、基本的には自主的に規制している状況です。

また現代では、18歳以上を対象としたエロ漫画においてすら、ディケイド修正などである程度隠すのが一般的になっています。


ちなみにこの件で作者の遊人先生が逮捕されたわけではないので、当時の警察の見解としては違法ではないと判断されていたのでしょう。

なのでマンコの絵はあくまで世論を鑑みた出版社側の自主規制・・・と言いたいところなのですが、警察に摘発された事例もあるようなんです。

※2013年の『コミックメガストア』『ニャン2倶楽部』編集部の家宅捜索と休刊事件

絵であれば法的にはセーフであるはず、、、とは書いたのですが、かなりグレーなのが実情なのです。




■1983年「クラッシャー・ジョウ 劇場版」

というわけでいつも以上に前フリが長くなってしまい、すみません(笑)

これまでに説明させていただいた

・わいせつの規制基準の曖昧さ

・1980年代のロリコン(ワレメ)ブーム

・アニメはグレーゾーン


という3点を頭に入れておいていただくと、以降の話も理解しやすいかなと思います。

それではマンコが描かれた一般アニメについて、行ってみましょう。


まず最初は1983年公開の「クラッシャー・ジョウ 劇場版」です。

ロリコンブームの真っただ中であり、まだ「ANGEL」のようなマンコ表現は登場していない時代ですね。

「クラッシャー・ジョウ 劇場版」はガンダムのキャラクターデザインなどでも有名な安彦良和先生がキャラクターデザイン、脚本、監督を兼ねて制作されたアニメ映画で、広くアニメファンに向けて作られた、いわゆるメジャー作品となります。

そんなメジャーなアニメ映画であるにも関わらず、なんと冒頭いきなりヒロインの股間にワレメが描かれているのです。

ona201004-16.jpg
出典:「クラッシャージョウ 劇場版」



映画の冒頭、全裸で冷凍睡眠中の若き女性科学者ジョナ・マチュアが登場するのですが、その股間には明らかなワレメ・・・陰裂が描かれているのです。

あ、ちなみに当ブログではマンコの部分はすべて自主的にモザイクをかけています。

ほぼほぼ大丈夫なのですがグレーゾーンであって、100%セーフでないからです。

要するに私がビビッてるためです(笑)

ona201004-17.jpg
出典:「クラッシャージョウ 劇場版」



それまでのアニメ表現の常識で言えば、Y字鼠径部さえ描かれていればよく、そこに「スジ」を描く必要はないはずだったのです。

そこは性的描写にうるさい安彦良和先生ならではのこだわりだったのでしょう。

とにかくメジャーなアニメ映画でのマンコというのはおそらくはこれが最も古い例かと思われます。(マイナー作品や18禁作品は除く)

ona201004-18.jpg
出典:「クラッシャージョウ 劇場版」





■1983年「クラッシャー・ジョウ 劇場版」

続いて1984年公開の「少年ケニヤ」でもマンコ描写があります。

「少年ケニヤ」も角川映画が製作したアニメ映画第二弾という事で、非常にメジャーな立ち位置にいる映画です。

この映画でマンコが描かれているのは、やはりヒロインのケートという美少女。

ona201004-11.jpg
出典:「少年ケニヤ」



ビシっ!!

このケートがムチで打たれるシーンがあるのですが、、、

ona201004-12.jpg
出典:「少年ケニヤ」



バサ!!

倒れた瞬間に衣服がめくれてマンコが見えてしまうというのです。


・・・ところが普通に再生していてもまったくわかりません。

これを1コマ1コマずつコマ送りにすると、、、

ona201004-13.jpg
出典:「少年ケニヤ」



なんと1コマだけケートの衣服がめくれた状態のコマが存在しており、そこにははっきりとワレメが描かれているのです。

1コマだけなので普通は気づきません。

知らず知らずのうちにアニメファンはサブリミナルマンコを脳内に刷り込まれてしまうのです。

ona201004-14.jpg
出典:「少年ケニヤ」



「クラッシャー・ジョウ」は誰もが認識できる状態でワレメを出しましたがガラス越しでしたので、むしろ「少年ケニヤ」のほうがハッキリとマンコとして描かれている気がします。

で、今回調べて初めて知ったのですが、なんとこの映画の監督はあの大林宣彦監督なんですよね。

大林宣彦監督といえば実写映画というイメージでしたので、アニメ映画を撮っていたとは存じ上げませんでした。

ona201004-15.jpg
出典:「少年ケニヤ」



実験的で性表現に拘りがある大林監督であれば、納得のシーンですね。

大林監督のエロスについては↓↓↓の記事で書いてますので、良かったら読んでみてください。





■1986年「火の鳥 鳳凰編」

さらにはあの漫画の神様・手塚治虫の作品でもマンコ描写が確認できるのです。

それが1986年公開の「火の鳥 鳳凰編」です。

1986年と言えば少女のワレメ写真を掲載した雑誌が摘発された次の年でしたね。

ロリコンブームが終焉を迎えつつある時代です。

で、ワレメが描かれているのはヒロインのブチという少女。

ona201004-06.jpg
出典:「火の鳥 鳳凰編」



ズル・・・

茜丸という青年に木の上からちょっかいをかけていたブチが足を踏み外し、落っこちるシーンでワレメが確認できます。

ona201004-07.jpg
出典:「火の鳥 鳳凰編」



「きゃー!!」

ガバ!

茜丸に向かって落っこちる際に、思い切り開脚するブチ。

舞台である奈良時代では女性も下着などつけてませんから、当然ノーパンです。

ona201004-08.jpg
出典:「火の鳥 鳳凰編」



ここはサブリミナルではなく、はっきりと股間に陰裂を確認できます。

前述の二つと違って、男の顔面の至近距離で股を開くという<オマンコ見え>シーンでもありますね。

ona201004-09.jpg
出典:「火の鳥 鳳凰編」



ここも普通のアニメの手法であれば服や膝で隠すなり、茜丸の頭で隠すなりできたわけですが、あえてマンコを描くというところが面白いです。

ちなみにブチは未成年風ではありますが、尻とかも出してます。

立ちションをするガキどもを追い払うためにケツを見せて威嚇するブチ(笑)

ona201004-10.jpg
出典:「火の鳥 鳳凰編」



ここまでメジャーなアニメ映画でマンコを描くというのは、今では考えられません。

今でいえば「君の名は。」で三葉(みつは)のマンコが描かれているようなものでしょうか。

あり得ないですよね(笑)

この3作品とも、漫画・アニメの性器描写がどこまで許されるかまだまだ定まってなかった時代である事と、ロリコンブームが重なった時代というのが面白い所です。

大林監督が遊び心としてケートのマンコを1コマだけ紛れ込ませたという発言があるそうですが、3作品とも表現の規制の壁をぶち破るために実験的な精神でマンコを描く事に挑戦したのではないでしょうか?

それでもマン毛モジャモジャの卑猥なマンコを描くというのは、あまりにも行き過ぎですよね。

見ているほうも引いてしまうかもしれません。

そこでロリコンブーム時の少女のワレメです。

少女のワレメはわいせつ物ではなく、ある種のトレンドとして取り入れられ、このワレメ描写が生まれたのではないかと私は考えます。

それにしても線が一本有るか無いかだけの問題なんですけどね(笑)

線一本で私たちをザワザワさせてしまうオマンコの影響力というものを、改めて感じました。




余談:これからのオマンコ描写

さて、ワレメがセーフで、アニメにもワレメが取り入れられた時代があったというお話ですが、むしろ今の時代はワレメ・・・未成年のマンコは大人のマンコ以上に違法性を含むものとなっております。

それは未成年のポルノ描写、通称・児ポとなってしまうからです。

大人のマンコの写真を所持していても逮捕はされませんが、児ポは所持しているだけで逮捕されます。

また、マンコをネットにアップしても日本の法律で裁かれるだけですが、児ポをネットにアップする事は国際的に裁かれる可能性があります。

それほど罪が重いのです。

もちろん漫画・アニメは児ポには当たりませんが、それでもワレメを描くというのは今はメジャーなアニメではあり得ないでしょう。

※漫画やアニメの未成年は非実在青少年という概念になり、現在の日本では児ポ適用外。


かつてはギリギリセーフだったワレメ。

現在、ギリギリセーフと言えばなんでしょう?

・・・そう!

衣服にくっきりと浮き出たマンスジです(笑)

ona201004-02.jpg

ぴったりとフィットした衣服に浮き出るオマンコの形・・・マンスジのエロさは度々ブログでも語ってきたかと思います。

私の見解ではマンスジとは、ほぼオマンコだと思うのですが、面白いもので現在の日本ではセーフなコンテンツにあたるのです。

あくまで布で隠しているわけですからね。

漫画・アニメどころか、実写でもマンスジはセーフなのです。

なので今のアニメでは緻密なマンスジ描写というのはよく見られる傾向にありますね。

ona201004-03.jpg
出典:「ストライクウィッチーズ2」



ona201004-04.jpg
出典:「RAIL WARS!」



ona201004-05.jpg
出典:「いつか天魔の黒ウサギ」



ちなみにマンスジでも例外的にアウトになるものがあります。

それは実写、かつ未成年のマンスジです。

これは児ポと見なされ、実際に股間を強調した未成年アイドル系のイメージビデオなどが摘発されている例があります。


現在はアニメであれば未成年のマンスジはセーフですし、成人女性であれば実写のマンスジもセーフです。

ただ、ここまで話をしてきてお分かりいただけたかと思いますが、マンスジはあくまで「現在セーフであろう」と言えるだけの事であって、将来的にいつアウトになるかはわかりません。

願わくは、マンスジという聖域は死守していただきたいところではありますが、全ては警察・検察のさじ加減というのが何とも歯がゆい所ですね。


また、アニメではなく漫画では2000年代に「ToLOVEる」が瞳マンコという描写方法を発明しました。

これはマンコを見ている主人公の瞳に映るマンコを描く事で、間接的にマンコを描写する方法です。

瞳に映るマンコなのか、それとも単なる黒目なのか、曖昧な描き方をしているのがポイントです。

このように人類のマンコ描写と規制の戦いはまだまだ続いていくのです。

[タグで関連記事を表示] * オマンコ * ロリ * ワレメ * マンスジ

Last Modified : 2020-10-11

コメント







非公開コメント

モウソウさん

Re: 手塚といえば、有名なブラックジャックでも

>名前

ピノコのシーン、ようやく確認できました。

確かにワレメが描かれてますね(笑)

手塚先生はエロと残酷表現を自覚して多用していたので漫画家としてのこだわりかもしれませんね。


ちょっと話がそれますが手塚先生の描く女性ってグラマラスでエロいんですよね。

手塚先生自身は漫画の記号的表現というものを目指していたため、基本的にはデフォルメされた絵になります。

現在の多くの漫画家のようにリアルに書き込まれた絵ではないのですが、的確に女性の魅力というものをとらえて表現していたのだなぁとしみじみ思います。

2020-11-22-06:25 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

手塚といえば、有名なブラックジャックでも

助手の自称「おくたん」ピノコを組み立てる話、
ワレメがありました。脳と手足等は揃っていた
ピノコ、摘出後は暫く培養液に浸されています。

それから、BJが胴体をつくって組み立ててやるんですけど、
バラバラの部品状態の胴体が並べられているコマで、
股間になるはずのところにワレメがついてました。

別に何も描かなくても済んだはずのところなんですが、
敢えて線を一本入れるのは、医者としてのこだわりか、
男としてのこだわりか…?
2020-11-14-17:38 名前
[ 返信 * 編集 ]

モウソウさん

Re: 真相は謎ですが

>名前

そうなんです、私がみたのもその動画です!

あれを見る限りはワレメはなかったように思えますが、ワレメありのGIFアニメは存在しているのです。

なのでGIFアニメは誰かがワレメを加筆して作ったコラなのかなーとも思ったんですよね。
2020-11-08-10:18 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

真相は謎ですが

パステルユーミの、問題の予告編と思われる動画、
見てみました。まあ、これが本放送と一致している
保証はどこにもないわけですが…

もし、私の見た動画のとおりであったなら、
角度的に、ワレメは出ないように思えます
(意図的に、そのようにしたものか?)。

まあ、本当の真相は誰にも確かめようがないですが…
2020-10-28-23:04 名前
[ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-10-28-22:48 -
[ 返信 ]

モウソウさん

Re: 有名なBastard!!のOVAにも

>名前

ありがとうございます!

実はバスタードは記事を書く際の調査で見つけてはいたのですが、、、
名前さんと同じく、ワレメありバージョンとワレメ無しバージョンがある事に気づいたのです。

ただ、ワレメありバージョンに関しては、名前さんが見つけてくれたような数分間あるようなものではなく、非常に短い動画(もしくは数秒間のGIFアニメだったかもしれません)でした。

そこで、ワレメありは、アップ者が修正をほどこした、コラージュ・MAD動画のようなものかもしれないと思ったのです。
(つまり、オリジナルはワレメなし)

今の技術ではワレメを追加するくらいは素人でもできますからね。

ただ、名前さんが見つけてくれたような数分間の動画で、わざわざそこだけワレメ追加するかな・・・とは思いました。


ワレメありバージョンがコラかも? と思った理由はもう一つあります。

バスタードとは別で「魔法のアイドルパステルユーミ」の幻の14話予告での事です。

パステルユーミの14話の予告(13話の最後に流れるもの)で、ワレメが見える数秒間のGIFアニメがあるのです。
ただ、このシーンをテレビのバラエティー番組が取り上げたものがニコ動にアップされていて、そこでは何度確認してもワレメがないのです。

当時のテレビのバラエティーの感覚からして、わざわざワレメを修正してから流すかな?というのがあります。
隠すとしても完全に消すのでなく、何かのマークで隠すのではないかと。

また、そもそもそのバラエティー番組の趣旨が「過激なシーン」「アソコが見えちゃってる」的なものだったので、特に修正していないバージョンを放送していたと思ったのです。

つまりパステルユーミはワレメありがコラ、ワレメ無しがオリジナルなのではないかなとその時は思ったわけですね。


この二つの事例から、ワレメありなしが存在しているものは、ワレメ無しがオリジナルなのかもとという事で、一応記事では取り上げない事にしました。

ただ、どうなんでしょうね?

先ほども書きましたが、名前さんが見つけてくれた動画のように、そのシーンピンポイントではないのにわざわざワレメを追加しない気はしますから・・・

名前さんの指摘の通り、オリジナルがワレメありで、後の規制によりワレメ無しバージョンが配布されたのかもしれませんね。

バスタードならやりかねませんしね(笑)





※余談ですが、特にパステルユーミは検証が非常に困難でして、というのもこのシーンはテレビ放映予告編でしか採用されなかったという本当に幻のシーンだからなのですよね。

実際のテレビ放映でも14話の該当シーンは泡でそもそも股間を隠す演出に変更されていますし、後のビデオバージョンでは予告編すらも別のシーンに差し替えられているようです。

なのでテレビ放映の瞬間の13話を見るしか、このシーンを検証する事ができず、どちらがオリジナルなのか判別するのが非常に困難なのですよね。


2020-10-18-09:13 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

有名なBastard!!のOVAにも

服を溶かされた後のヨーコさんのシーンで、
ワレメが映ってます。92年。

体をよじったはずみでワレメを晒してしまって
いるのもエロいですが、そのあと、手を吊られた状態で、
かろうじて体にかかっていた布が落ちて全裸を晒したあと、
脚を閉じて必死で隠そうとしてるのも興奮を誘います
(それだけ見せたくなかったところを晒しちゃって、
大勢のエロい忍者たちに見られちゃったんだ、って思うと…)
2020-10-17-22:33 名前
[ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-10-17-22:28 -
[ 返信 ]

モウソウさん

Re: 子供の体

>名前

そうなんですよね。
昔は大らかだった、、、というか子供の裸は性の対象じゃないという認識だったんですよね。

ロリコンが一気にダークサイドに落ちたのも宮崎勤の影響は大きいでしょうね。
ただ、彼はロリコンではなかった説もありますけどね。
(単に大人の女性が相手にしてくれないから、自分より弱い存在である女児をターゲットにしていた説)

また、彼のコレクションもスナッフ系やロリコンものでなく、テレビのマニアックな映像集的なものだったそうですね。

もちろんロリコンが正義とまでは言いませんが(笑)
いつの時代もマスコミの過剰報道により、間違った認識が広まってしまうものですね。

「age35」の情報は知りませんでした!
調べてみます。

2020-10-10-12:50 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

子供の体

>マン毛がボーボーの大人のマンコが卑猥なのであって、
>つるつるマンコは子供の体だから卑猥とかそういうのじゃない っていう
昔は、共通の了解として、こどもは性欲の対象ではない、
という建前があったように思います。今でも、男湯に幼女を
連れて入るお父さんがいますが、同様の感覚で。

NHKの「おかあさんといっしょ」でも、父子の入浴場面を映す
「おとうさんもはだかんぼう」というコーナーがあって、
女の子も普通に出ていましたし、同じ頃、民放の
「ぴっかぴか音楽館」という番組内の「ぴっかぴかウォッシュ」
では、全裸の男の子2人と女の子2人が出て、体の洗い方を
歌に合わせた動作で伝授していました。

さすがにワレメはモロに映してはいなかったように思いますが、
これらは、89年頃の宮崎事件のあと、一斉に姿を消しました。
今回ご紹介いただいたアニメも、事件よりは前の時期ですね。

ちなみにテレビで最後にワレメを見たのは、たぶん1996年の「age35」で、
中井貴一が子役をお風呂に入れる前に服を脱がす場面でした。
2020-10-10-01:47 名前
[ 返信 * 編集 ]