TOP > ドスケベ女

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>

<<抜ける無料サンプル>>
2020年11月のグループ卒業後にわずか2週間
速攻AVデビューした清純派本物アイドル!
元ガルホラ高山さやか
もう中出しされている!?
アイドル時代にひた隠しにしていた黒乳首を晒して
元アイドルマンコから精子を垂れ流す瞬間

「ナマですか?ダメです!」って言ったのに・・・




【動画】これが女という生き物の本性だ! 素人女性が騎乗位で性欲のままに腰を激しく振って自分だけイキまくる

女性向けのAVというものがありますよね。そういうAVには優しそうなイケメンが登場し、ソフトでスローなラブラブセックスを取り扱ったものが多いかと思います。実際、そういうものに興奮し、オカズとしている女性もいるでしょうけど、女性全員がそういうほうが好みかというとそういうわけではありません。実際、たまに聞く声なのですが、男性用AVをオカズにしている女性も多いようなのです。女性だって色んな好みの方がいらっしゃい...

... 続きを読む

【動画】ある女が自宅で1カ月間毎日オナニーする様子を記録した歴史的傑作を君は見たか!? 私的ベスト自慰トップ10 後編

前回、前々回に引き続き、ある女性の1カ月間の自宅オナニーの記録映像についてのお話。全31日オナニーの中で私的ベスト10をご紹介していますが、いよいよ今回で最終回です。今までの流れを読んでいただいたほがよりわかりやすいかと思いますので、未読の方はそちらからどうぞ。↓↓↓↓前編と中編はこちら【動画】ある女が自宅で1カ月間毎日オナニーする様子を記録した歴史的傑作を君は見たか!? 私的ベスト自慰トップ10 前編...

... 続きを読む

【動画】ある女が自宅で1カ月間毎日オナニーする様子を記録した歴史的傑作を君は見たか!? 私的ベスト自慰トップ10 中編

山岸逢花ちゃんが1カ月間自宅で毎日オナニーを自撮りしたという、歴史的大傑作のお話の続きです。全31日オナニーの中から私的ベスト10をご紹介しています。前編を読んでない方はまずはそちらをお願いします。↓↓↓↓前編はこちら【動画】ある女が自宅で1カ月間毎日オナニーする様子を記録した歴史的傑作を君は見たか!? 私的ベスト自慰トップ10 前編それでは今回は6位から3位まで行ってみましょう。6位 自宅玄関で声ガマ...

... 続きを読む

【動画】ある女が自宅で1カ月間毎日オナニーする様子を記録した歴史的傑作を君は見たか!? 私的ベスト自慰トップ10 前編

コロナの見舞われた2020年も、もうすぐ終わりを迎えようとしていますが、今年発売されたAVの中で最も素晴らしかった作品はなんだったのでしょう?私の中ではすでに決まっております。それは緊急事態宣言による自宅自粛期間中に、ある女性が1カ月間毎日自宅でオナニーをし続け、その様子を記録したという作品です。間違いなくこれが今年1番の作品、、、というか歴史に残るであろう大傑作なのです。で、その作品についていつもの如...

... 続きを読む

【動画】射精専用マンコ!わざわざ外でシコってから膣内に挿入して中出しする瞬間 6人分のおじさんの精子を受け入れるドスケベ女子

今回は中出し動画を取り上げてみます。しかもただ中出しするのではなく、シコシコしてイキそうになってからわざわざチンコを挿入して、マンコの中で射精するというものです。無料サンプル動画なのですが、オカズになるレベルだと思います。そもそも中出しとはタブー視されてますよね。少なくとも誰でも彼でも中出ししまくってるわけではないと思います。この<タブー>というものはエロにおいて最も重要なスパイスとなります。やっ...

... 続きを読む

【同人】電マや電動歯ブラシでオナニーしまくってるのがバレる女の子たち3選 オナニー中毒になってしまった女の子の末路

出典:志峨丘トウキ「生乙女。」男とか女とか関係なく、全人類がオナニーを嗜んでいるのは公然の事実であり、人である以上当然の行為なわけですが、女性はあまりオナニーをしている事を認めようとしません。それは、気持ちいい事を貪る姿が恥ずかしいと感じるからだと思うのです。男にも、オナニーを恥ずかしいと感じる心は少なからずありますが、女性はそれがより強いようです。それはオーガズムを求めてオナニーにふける姿を醜い...

... 続きを読む

【同人】お互いをオナペットに一つ屋根の下でオナりまくる血の繋がらない義母と息子 自分をオカズに自慰する相手をオカズに自慰

出典: gonza「母さんとセックスに溺れる」今回取り上げる作品は母と息子の近親相姦ものです。そもそも近親相姦ものが苦手っていう人は多いと思うのですが、特に母と息子ってハードルが高いジャンルだと思うんですよね。実は私も母と息子というシチュエーションは大の苦手です(笑)姉と弟とか兄と妹なら抵抗は少ないんですけどね。まあ、AVでも母と息子的なものはまず見ないです。じゃあ、なんで今回この作品なのか? という所な...

... 続きを読む

Re: スレ違いの話題ですみません * by モウソウさん
>名前

記事でも書きましたが、基本的に私も母というのは範囲外です(笑)

なかなかマニアックな世界だと思います。

女性側から見ても息子を性の対象にするというのはかなりマニアックな分野ではないでしょうか。

例えば近親相姦の中でも妹や姉などのジャンルは人気があると思いますが、それも実際に妹や姉がいる人には響かないのかもしれません。

私も女兄弟はいないので、妹や姉との近親相姦はファンタジーとしてとらえられるんですよね。

実際にいると逆に生々しすぎるのかも。

スレ違いの話題ですみません * by 名前
>「何するの!?やめて!」と可愛い声で反抗しつつ、
>手で必死に隠すのもはいい。
そう!すごくイイんです。でも、すみません、
スレ違いのところで始めてしまったので、
近い話題のスレに移ります。

当スレ関連の話題では、もう30年近く前、
エロいものを紹介する番組で、エロ小説の例で、
母子相姦を母視点で見る作品が取り上げられてました。

息子が、両親のセックスを見てから気になって勉強に
身が入らない、と言って、母親が性欲を解消してやったのが
きっかけで………うーん、私の性癖には合いませんでした。

Re: 「管理者だけ表示」で情報 * by モウソウさん
>名前

いつも貴重な情報ありがとうございます!

紹介してくれたサイトはかなりガチで情報を集めてますね~
参考になります。

相変わらずのタイムボカンシリーズは確かに日本語のほうがいいですね。

「何するの!?やめて!」と可愛い声で反抗しつつ、手で必死に隠すのもはいい。

それにしても明らかに子供むけなのにエロいシーンが多いですね。
アンパンマンにエロシーンがでてくるようなもんですからね(笑)

時代のなせるわざでしょうか。

管理人のみ閲覧できます * by -

Comment-close▲

【動画】セックスで剥き出しになる女の本性 イグイグ絶叫しながら男を押しのけるように腰を浮かせて壮絶なマジイキ

女性というものには色々な側面があります。それは美しさであったり、母性/優しさであったり、知性であったり、意思の強さであったり。例えば<紅一点>とか<花>という言葉で表されるように、女性はその場の空気を華やかにしてくれる存在でもあります。少なくとも私にとって女性とは尊敬の対象であり、永遠の憧れなのです。そんな神々しい、女神ともいえる存在も、一皮むけば、そこにあるのは性欲に支配された生き物となります。...

... 続きを読む

【動画】ガチ童貞のファーストキスを奪う貞操観念ゼロのギャル達がエロい 女の体を知らない男にお好みのオマンコで筆おろし

セックス、オナニー、フェラチオ、パイズリ、手コキ、クンニ、電マ責め、シックスナイン、ストリップ・・・私たちは様々な性的行為を動画で見る事によって興奮を覚え、それをオカズに自慰行為に及んだりします。で、私はキスシーンとかも結構興奮を覚えたりするのですが、オカズになるほどエロいキスとなると限られてきます。そんなわけでエロいキスシーンが入ったAVを探していた時に出会ったのが今回紹介する作品です。無料サンプ...

... 続きを読む

Re: タイトルなし * by モウソウさん
>Xiang

そうなんですよね!
たぶん同じ企画でもこの子たちじゃなかったらこうはなってなかったと思います。

童貞喪失ものはよく見てきましたが、この作品はキャスティングもよかったと思います。


> このAV人選が素晴らしいですね。
> 観る側が求めるギャル感にちょうどいい具合にマッチしてる。

* by Xiang
このAV人選が素晴らしいですね。
観る側が求めるギャル感にちょうどいい具合にマッチしてる。

Comment-close▲

【動画】敏感すぎてセックス中にお漏らししまくるオナニー中毒の18歳 チンコ抜いても時間差でのたうち回るほど深いオーガズム

今回紹介するのはオカズになるレベルの無料サンプル動画です。セックスをするために生まれてきたような敏感少女が悶えまくるってイク姿が見れます。ところでセックスという行為の定義とは何でしょうか?人それぞれ色んな形のセックスがあるとは思うのですが、基本となる形とは?それはやはり男性器を女性器の膣内に挿入し、膣壁と陰茎を擦り付ける行動を男性が射精にいたるまで続けるという部分だと思います。チンコをマンコに入れ...

... 続きを読む